最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ステロイドの副作用「ムーンフェイス」を何とかしたい!人へ

   

ステロイドの副作用「ムーンフェイス」を何とかしたい!人へ

ステロイドは開発された際は、難病の特効薬として評判になりました。

しかし、効き目のある薬には副作用が付きもの。

そのうちの一つである「ムーンフェイス」

これは見た目に出るものなので若い男性や特に女性にとっては辛いものです。

この副作用を少しでも軽減できる方法についてご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


ステロイドの副作用「ムーンフェイス」とは?

ステロイドは、良く知られた使用方法として、アトピー性疾患の人の塗り薬として、また花粉症の際、ステロイドを注射としてご存知の方が多いのではないでしょうか?

また皮膚が炎症を起こした時に、副作用が出ない程度の濃度が低い塗り薬を処方された人もいると思います。ステロイドは炎症を抑える効果に優れているのです。

さてステロイドを利用すると強い副作用があるというのは良く知られた事実ですが、少なくとも塗り薬として一般的に処方されるものには、それほど強い効果はないため、まず副作用が出ることはないのです。

このステロイドを内服した時に、やはり副作用が出てきます。「ムーンフェイス」はそのうちの一つです。

原因は、ステロイドによる食欲増進、脂質代謝異常により、簡単には脂肪がつかないはずの顔に脂肪が付きやすくなるのです。そのため顔が丸くなってしまうのでそれを「ムーンフェイス」と呼ばれているのです。

他にも頬が赤らむ症状などがあります。どちらにしろ、一番人の目につく部分に出るので、数あるステロイドの副作用でも、非常に悩ましい症状なのです。

ステロイドを処方される病気とは?

そもそもステロイドは人間の体内にあるホルモンの一つなのです。副腎から作られます。前述したように、炎症を鎮める、免疫を抑制する効果があるので、利用方法は幅広いです。

例えば呼吸器系であれば、気管支喘息や好酸球性肺炎、消化器系であれば、クローン病や急性肝炎、腎泌尿器系であれば、IgA腎症、ネフローゼ症候群、内分泌系であれば、慢性原発性副腎皮質機能低下症や甲状腺機能亢進症、リウマチにも使われますし、緊急外科医療にも使われるなど、ほんの一部をご紹介しただけでも、多くの病気に効果のある薬であることは事実なのです。

しかし使用方法が難しく、長期間摂取していると、体内で作られにくくなり、その結果摂取を中止するといきなり症状がぶり返したり、倦怠感や吐き気、頭痛などの症状を併発する事もあります。

そのため、症状が落ち着いたからと言って自己判断で服用を中止すると、逆に症状がひどくなることもあり、すぐに中止できない取り扱いの難しい薬でもあります。

ステロイドの副作用には他にどんなものがある?

前述したムーンフェイスの他にも、糖尿病や動脈硬化や高脂血症、むくみなどの症状があります。どうしても脂肪が付きやすいため、いわゆるメタボ系の病気にかかりやすくなるのです。

また免疫が抑制されているので、インフルエンザや風邪などの感染症にかかりやすいのです。ステロイドの量が多ければその分だけ免疫力が下がるので、場合によっては感染予防のための薬が必要になるほどです。

軽度ではありますが、不眠症や多幸症、うつ病などの症状が出る場合も多いそうです。他にも白内障や緑内障、骨粗しょう症などが出る場合もあり、定期的な検診が必要な場合もあります。

多くの副作用は、ステロイドの服用を中止すれば、症状が収まるものも多いのですが、前述したように、一定量のステロイドを長期間服用していると、副腎から作られるステロイドホルモンが分泌されなくなるので、頭痛、吐き気、倦怠感などの離脱症状がみられることがあります。ステロイドの服用を中止する際は、きちんと医師の指示に従う必要があります。

ムーンフェイスの改善するには?

女性は太るときは顔から太り、痩せる時は胸から痩せるなんて言葉があるように、このような経験をした人が多いと思います。顔が太ると言うときはかなり太った時なのです。しかしステロイドによる場合は、体の中心に脂肪が付きやすいのでどうしても実体重よりも太って見えるのです。

これは女性にとってはとても辛い副作用です。

もちろんステロイドの副作用ですから、服用を中止すれば症状は改善します。しかし、中々ついた脂肪が落ちにくいというのは、ムーンフェイスになった人でなくても理解できると思います。

脂肪を落とすには、体重を落とす方法の他にその部分を動かすことが必要なのですが、顔をどう動かせば、脂肪を減らすことができるか判りませんよね。顔も筋肉で出来ているので、理屈的には運動することによって減らすことができるはずです。

まずはマッサージから始めましょう。リンパマッサージはむくみを解消してくれるのでオススメです。また、美顔ローラーなどで顔の筋肉を刺激することで、ムーンフェイスの症状も軽減することがあります。

ステロイドの功罪、食欲増進と闘うには?

ステロイドの副作用にはムーンフェイスの他に、体の中心に脂肪が付きやすいというのがあります。手足には付きにくいので、体重自体は変わらない人も。

しかし見た目は大きく変わったしまうのがとても辛いですね。またどうしても食欲増進してしまうので、それも脂肪が増える原因にもなっています。

ステロイドは脂質やたんぱく質の代謝を異常にさせてしまうので、食事にも気を付けないと肥満傾向になってしまいます。

食生活は習慣です。将来的にステロイドの量が減ったり、服用しなくてよくなっても
悪い食生活だけ残っては、中々脂肪を落とすことはできません。

糖質オフダイエットやスーパーフードに頼るのではあまり意味がありません。長く続けれる習慣にする必要があるのです。

例えば、ベジファーストを心掛ける、ご飯はお代わりしない、ご飯のお茶碗は子供用の小さなものにする。よく噛む。惣菜パンはカロリーがものすごいので食べるのを止める。

こういうちょっとした積み重ねが長く続けるコツです。明日からと言わず、今日から是非実践してください。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ