最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

どうしよう!突発性発疹の原因と下痢になった時の食事

   

どうしよう!突発性発疹の原因と下痢になった時の食事

ほとんどの赤ちゃんが発症すると言われている突発性発疹。主な症状はその名の通り発疹が出ること以外に、高熱や下痢などが挙げられます。

下痢の症状が出てしまった時は食事に対して気を使わないと症状が悪化してしまう可能性があるので注意が必要です。

今回は突発性発疹の原因と下痢になった時の食事について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


突発性発疹の原因と症状

突発性発疹は、それまで元気にしていた赤ちゃんが突然高熱を出し、その状態が3,4日ほど続いて落ち着いてきた頃に全身に赤い発疹が表れる病気です。

2歳頃までにほとんどの赤ちゃんが発症する病気で、その原因のほとんどはヒトヘルペスウイルス7型というウイルスです。

ウイルス感染なので、熱が出ている間は他の赤ちゃんに感染してしまう危険性があるので注意が必要ですが、感染力自体はそれほど強くないので保育園等で発症したとしても感染拡大することがほとんどないのが現状です。

赤ちゃんへの感染は両親や兄弟の確率が高いと考えられていて、主な感染経路はくしゃみやせきが原因で起こる飛沫感染、唾液による経口感染、赤ちゃんを触ることで起きる接触感染の3通りです。

主な症状は先述の通り、高熱や赤い発疹なのですが、高い確率で下痢の症状が出ることがあります。

下痢の症状は高熱の出初めから発疹が落ち着いてくるまでの期間起きている場合が多いので、4,5日は下痢が続くと思っておく必要があります。

突発性発疹で下痢になったら脱水症状に注意

一度下痢になってしまうと、私たちが考えている以上に体内から水分が排出されてしまうのですが、赤ちゃんは私たちのように自分で自分の身体のケアをする事が出来ません。

そのため、気づかないうちに脱水症状になってしまう可能性を考慮しておく必要があります。

赤ちゃんの脱水症状を回避するためにはこまめな水分補給を心がけることはもちろんですが、ただ水分を摂るだけではなく同時に塩分も摂取しなくてはいけません。

そこでおすすめなのがベビー用のイオン飲料です。ベビー用イオン飲料には赤ちゃんが効率よく水分や電解質を補給できるように作られているので便利です。

ただし、ベビー用イオン飲料を飲ませる際も注意が必要になります。

下痢中に冷やした飲み物を飲ませてしまうとお腹に余計な負担がかかってしまい、下痢の症状が悪化してしまう可能性があります。

ベビー用イオン飲料を飲ませる際は、常温のまま飲ませるか、ぬるま湯程度に温めて飲ませてあげるようにするとよいでしょう。

突発性発疹で下痢になった時の食事

以前は突発性発疹で下痢になってしまったら離乳食は止めた方がいいと思われていた時代もあったようなのですが、それは誤りです。

今では世界保健機構によって突発性発疹による下痢の際は離乳食を摂らせるようにすることが推奨されています。

離乳食には赤ちゃんが必要な栄養素が豊富に含まれているので、摂取することで早期回復が期待できるからです。

ですから余計な食事制限などは考えずに、赤ちゃんが食べたがるようなら普通に離乳食を食べさせてあげましょう。

だからと言ってどんな状態であっても食べさせることがベストなのかというと、一概にそうとも言えません。

突発性発疹による高熱が出た時の特徴として、赤ちゃんは元気で機嫌がいい事が多いのですが、それでも高熱が続けば少しずつ体力を消耗していってしまい、離乳食を食べたがらなくなります。

元気がなくなり食べる事も出来ないほど消耗しているようであれば、無理に離乳食を食べさせることは考えず、ミルクや薄めた麦茶などを飲ませるようにして、脱水症状にならないようにだけ注意を払うようにするとよいでしょう。

下痢の時に食べさせてはいけない物

突発性発疹による下痢の症状が表れている時は、腸内が活発に活動している状態なのでそれ以上負担をかけてしまわないようにする為にも、乳製品や消化が悪い食べ物は避ける必要があります。

また、高熱が出て食欲がない時などに食べやすいという理由から手を出しがちのヨーグルトですが、固形物であるヨーグルトは下痢をしている赤ちゃんに与える物としては適していません。

先ほども述べたように、何も食べたがらない時は無理に何か食べさせようとはせずに水分補給だけ確実に行う事を心がけるようにしましょう。

ちなみに、下痢の症状が出ている最中のヨーグルトは控えたほうが良いですが、下痢の症状が落ち着いてきて少しずつ回復に向か回復に向かい始めた状態であれば食べさせて構いません。

ヨーグルトに含まれているビフィズス菌や乳酸菌などが腸内環境を改善し、正常な状態に整えようと働きかけてくれるからです。

ですから、ヨーグルトを赤ちゃんにあげる時は下痢の症状に合わせて判断するようにしてくださいね。

あまりにも下痢が酷い時は下痢止めも有効

突発性発疹による下痢の症状は注意事項さえ守っていれば、特に何かをしなきゃいけないというようなことはありません。

しかし、中には赤ちゃんのひどい下痢に悩まされているお父さんお母さんもいるかと思います。

そんな時は下痢止めや整腸剤などに頼ることも効果的です。

赤ちゃんに薬なんて使って大丈夫なの!?と驚かれた方もいるかもしれません。

もちろん薬局やドラッグストアで売ってる市販薬を買ってきて飲ませるような行為は危険なのでやめましょう。

そうではなく、赤ちゃんを病院に連れて行ってきちんと診断してもらって、赤ちゃんに合う薬を処方してもらう必要があります。

ですから、赤ちゃんの下痢があまりにもひどくて何とかしてあげたいと考えるのであれば、病院で赤ちゃんの症状を伝えて下痢止めを処方してもらってください。

なお、突発性発疹に処方される薬と下痢止めの薬の飲み合わせもありますから、今服用している薬について必ず伝えることを忘れてはいけません。
ここに画像URL:http://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=443464&word=%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E7%97%85%E6%B0%97

突発性発疹の原因と症状

突発性発疹は、それまで元気にしていた赤ちゃんが突然高熱を出し、その状態が3,4日ほど続いて落ち着いてきた頃に全身に赤い発疹が表れる病気です。

2歳頃までにほとんどの赤ちゃんが発症する病気で、その原因のほとんどはヒトヘルペスウイルス7型というウイルスです。

ウイルス感染なので、熱が出ている間は他の赤ちゃんに感染してしまう危険性があるので注意が必要ですが、感染力自体はそれほど強くないので保育園等で発症したとしても感染拡大することがほとんどないのが現状です。

赤ちゃんへの感染は両親や兄弟の確率が高いと考えられていて、主な感染経路はくしゃみやせきが原因で起こる飛沫感染、唾液による経口感染、赤ちゃんを触ることで起きる接触感染の3通りです。

主な症状は先述の通り、高熱や赤い発疹なのですが、高い確率で下痢の症状が出ることがあります。

下痢の症状は高熱の出初めから発疹が落ち着いてくるまでの期間起きている場合が多いので、4,5日は下痢が続くと思っておく必要があります。

突発性発疹で下痢になったら脱水症状に注意

一度下痢になってしまうと、私たちが考えている以上に体内から水分が排出されてしまうのですが、赤ちゃんは私たちのように自分で自分の身体のケアをする事が出来ません。

そのため、気づかないうちに脱水症状になってしまう可能性を考慮しておく必要があります。

赤ちゃんの脱水症状を回避するためにはこまめな水分補給を心がけることはもちろんですが、ただ水分を摂るだけではなく同時に塩分も摂取しなくてはいけません。

そこでおすすめなのがベビー用のイオン飲料です。ベビー用イオン飲料には赤ちゃんが効率よく水分や電解質を補給できるように作られているので便利です。

ただし、ベビー用イオン飲料を飲ませる際も注意が必要になります。

下痢中に冷やした飲み物を飲ませてしまうとお腹に余計な負担がかかってしまい、下痢の症状が悪化してしまう可能性があります。

ベビー用イオン飲料を飲ませる際は、常温のまま飲ませるか、ぬるま湯程度に温めて飲ませてあげるようにするとよいでしょう。

突発性発疹で下痢になった時の食事

以前は突発性発疹で下痢になってしまったら離乳食は止めた方がいいと思われていた時代もあったようなのですが、それは誤りです。

今では世界保健機構によって突発性発疹による下痢の際は離乳食を摂らせるようにすることが推奨されています。

離乳食には赤ちゃんが必要な栄養素が豊富に含まれているので、摂取することで早期回復が期待できるからです。

ですから余計な食事制限などは考えずに、赤ちゃんが食べたがるようなら普通に離乳食を食べさせてあげましょう。

だからと言ってどんな状態であっても食べさせることがベストなのかというと、一概にそうとも言えません。

突発性発疹による高熱が出た時の特徴として、赤ちゃんは元気で機嫌がいい事が多いのですが、それでも高熱が続けば少しずつ体力を消耗していってしまい、離乳食を食べたがらなくなります。

元気がなくなり食べる事も出来ないほど消耗しているようであれば、無理に離乳食を食べさせることは考えず、ミルクや薄めた麦茶などを飲ませるようにして、脱水症状にならないようにだけ注意を払うようにするとよいでしょう。

下痢の時に食べさせてはいけない物

突発性発疹による下痢の症状が表れている時は、腸内が活発に活動している状態なのでそれ以上負担をかけてしまわないようにする為にも、乳製品や消化が悪い食べ物は避ける必要があります。

また、高熱が出て食欲がない時などに食べやすいという理由から手を出しがちのヨーグルトですが、固形物であるヨーグルトは下痢をしている赤ちゃんに与える物としては適していません。

先ほども述べたように、何も食べたがらない時は無理に何か食べさせようとはせずに水分補給だけ確実に行う事を心がけるようにしましょう。

ちなみに、下痢の症状が出ている最中のヨーグルトは控えたほうが良いですが、下痢の症状が落ち着いてきて少しずつ回復に向か回復に向かい始めた状態であれば食べさせて構いません。

ヨーグルトに含まれているビフィズス菌や乳酸菌などが腸内環境を改善し、正常な状態に整えようと働きかけてくれるからです。

ですから、ヨーグルトを赤ちゃんにあげる時は下痢の症状に合わせて判断するようにしてくださいね。

あまりにも下痢が酷い時は下痢止めも有効

突発性発疹による下痢の症状は注意事項さえ守っていれば、特に何かをしなきゃいけないというようなことはありません。

しかし、中には赤ちゃんのひどい下痢に悩まされているお父さんお母さんもいるかと思います。

そんな時は下痢止めや整腸剤などに頼ることも効果的です。

赤ちゃんに薬なんて使って大丈夫なの!?と驚かれた方もいるかもしれません。

もちろん薬局やドラッグストアで売ってる市販薬を買ってきて飲ませるような行為は危険なのでやめましょう。

そうではなく、赤ちゃんを病院に連れて行ってきちんと診断してもらって、赤ちゃんに合う薬を処方してもらう必要があります。

ですから、赤ちゃんの下痢があまりにもひどくて何とかしてあげたいと考えるのであれば、病院で赤ちゃんの症状を伝えて下痢止めを処方してもらってください。

なお、突発性発疹に処方される薬と下痢止めの薬の飲み合わせもありますから、今服用している薬について必ず伝えることを忘れてはいけません。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ