最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

   

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続けることができるだろう?」と転職サイトを常時閲覧されているような悩みをお持ちの方も多くおられるのではないかと思います。
 
そんな貴女に「受付を侮ることなかれ」と先輩社員がこれで仕事もスキルアップができるという受付仕事の楽しい時間の過ごし方をお伝えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

スポンサーリンク


先輩社員が伝授する受付、仕事の楽しいマニュアル

受付と言えば会社の顔というイメージですが手始めの仕事としてお客様の顔を覚えてはいかがでしょう。

はじめはアポの入ってる方から順番に。
今日の何時に誰がくる。最初は緊張でそれどころではないかもしれません。けれどこれも慣れでなんとかなるし楽しいのです。

例えば受付から営業マンに取り次ぐ場合でも営業担当の名前をそらで言えると話も入りやすく商談成功につながるチャンスも多くみられるはずです。

そうなると社内では受付の「貴女が顔を覚えてくれたから成功に繋がった」と考えてくれる方も少なからずいるはずです。

次に新しいお客様の顔を覚える仕事も楽しいポイントの1つです。
やはり会社の顔の貴女が新規顧客を捕まえる第一の門なのです。2度目の来社があるかどうかはあなた次第と言っても過言ではないのです。人の顔を覚えるのが不得手という方には学生時代の自分がやっていた勉強法を思い出して“脳トレ”してみてください。例えば隣の同僚とどれだけの顧客を覚えたか
競い合うとまた仕事も楽しい時間になり過ぎるのもあっという間に過ぎていくことでしょう。

だんだん接客をこなしていくとお客様も顔を覚えてくださり、「貴女がいるから気軽に来れた」とお褒めの声をいただける日もやってくるのです。総体的に受付でお客様の顔を覚える事は基本で楽しい仕事の第一のテーマでしょう。

時間の使い方は自分次第。受付の仕事の楽しい過ごし方

受付にて来客の比較的が少ない時間には、キャリア形成の時間が持てると思いませんか?
 
受付と言えばカウンター越しに接客する仕事が多いはずです。プラスに考えれば受付の手元は大抵の場合お客様からは見えないのです。
 
パソコンなどを会社から支給されている場合は仕事のスキルアップができます。営業マンの欲しい資料を作ったり、それらの資料を少しでも見やすく加工する技術などを
身に着けると会社では必要な人材となることは間違いありません。そうなると仕事は楽しいのです。
 
また、ロビーなどに商品が展示されている場合は、誰よりも商品を目の当たりにする機会が多いはずです。自社製品の研究を仕事としてみてはいかがでしょう?
例えば女性目線での商品知識を発揮できる有意義で楽しい仕事になるはずです。

仮にハードウェアの支給がなかったとしましょう。キャリアアップのための本を仕事中1冊読めるのです。自分の今興味のある分野の本を読めるというのは他の職種にはない受付だけの楽しい時間です。

受付の仕事の楽しいアフターとメリット

時間の有効活用ができることではないでしょうか?企業では受付の時間が決まっているので定時で帰れることが大半だと思います。定時に帰れるというのは楽しいですよね?
 
前述に続きますが資料作りでわからないことなどをまとめてメモしておいて仕事終了後関連のスクールに通う、今日の来客の外国語がわからなかったから語学スクールへ通うなど自分への投資ができるのが魅力です。
昨日わからなかったことが今日にはわかるという仕事が楽しいイベントになるのです。

また仕事では人の顔を覚えて取り次いでクタクタという方でしたら仕事とは全く異なる趣味の時間を持ったらどうでしょう?趣味に没頭することでストレス解消になるはずですし明日への仕事の楽しい発見にもにもつながります。

そして受付と言う仕事柄、容姿は多少は必要だと思うのです。愛嬌でカバーというのもありですが・・明日への仕事活力の為に美容室やネイルサロン、エステに通うのもありでは?プラスに考えると人からの視線が常にある受付の仕事というのは「常に美を意識できる」というメリットがあります。
仕事の時間で美を意識できるのは女性にとってはありがたいことだと思いませんか?勤務中は間食等できませんし、食事の量なども自然と調整でき、無理なダイエットなどしなくてもいいのです。働きながら綺麗になれるというのは願ったり叶ったりです。

受付の仕事の年齢制限について

多くの女性が一番気になっている点ではないでしょうか?だいたい30才位までとうたっている企業が多いようです。定年が27歳なんて会社もあるそうですよ!

しかし、常に美を意識している受付の女性は若く見えるのです。前述で先輩がアドバイスされた美を意識している場合もそうでない場合も。
25歳でもちろん仕事はできますし、例え年齢が30代半ばでもそれなりの知識があればいいではありませんか?20代の取次ぎにはない案内をしてくれると見た目より中身重視のお客様は
喜ばれます。そういった中身磨きを日々の仕事でしていけばいいのではないかと思います。そしていつも貴女が受付にいてると安心しますのような雰囲気作りをしてみてはいかがでしょう?
 
長きに渡り受付の仕事をしていくと、新人さんには目の届かないところに目がつきます。お客様は何を求められているかなど気がつくところも多々あります。
お客様からのクレーム処理も受付の重要な仕事です。これも新人さんはビビッて泣いてしまったなどの話もよく聞く話です。クレームをつける人も初めて言う人にほどよいクッションで受け止めて
もらったら100の怒りが半分になるかもしれません。そんな受け答えができるのもベテランならではなのです。

受付の給与・雇用体制その他について

やはり大手の派遣会社からの仕事が多いように見受けられます。「某ドラマで派遣の受付の給与がとてもよかった」
なんて書きこみもありますが・・働く地方にもよるのでしょうが大体時給1,500円位、年収でいうと300万〜が相場なのではないでしょうか?この給与を多いとみるか少ないとみるかは自分次第なのです。

前述までの先輩のアドバイスを参考にスキルアップするのもよし、「会社の顔」になるのが憧れで転職を志すのもいいのでは?

ただし仕事というのはどんな仕事でも給与をもらっている以上我慢しなければいけないところもあり受付の仕事で多く悩まされるのは同じ姿勢を長時間続けていることでの「慢性腰痛」です。それが原因で仕事を辞めざるを得ないという諸先輩も多々おられます。
そうならないためにも日々の体力づくり、体のメンテナンス等していくことが必要ですね。

同じ姿勢での仕事をしないためにたまに受付カウンターから出てみるのも一つの手ではないでしょうか?そうするとお客様目線になれますしどのようなことを求められているかがおのずとわかってきます。他人のことを理解しようという努力は前述の「美の意識」の一環であるのではないかとも思われます。

受付の仕事の継続と転職の現状

・受付と言っても雇用される企業によって業務も給与も一概には言えない。
・仕事の時間はあっという間にすぎる
・頭、体双方使う仕事である
・仕事柄、美意識は常に持ち続けることができる

ここに感想を記入
受付は見た目の華やかさも必要ですが「奥が深い」仕事ではないでしょうか?例え定年が30歳でも仕事中の時間の持ち方で今後この仕事のキャリアを活かし他の分野に挑戦できる仕事ではないかと筆者は考えます。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ