話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!

2016.10.21

小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよね。

そして、運動も体育の授業で勉強と同じくらい長い日々関わります。

勉強は好きですか?

運動は好きですか?

なにごともそうですが、好きで得意な人も、苦手で嫌いな人も、そのどちらでもない人がいますよね。

運動も勉強も得意になれるといいと思いますか?

どちらが良いのかいろいろと考えてみました。

勉強も運動も苦手!

小学校で6年間。
中学校で3年間。
高等学校で3年間。
大学で4年間。

”授業”として”勉強”や”運動(体育)”に関わるのは、義務教育で9年間、プラス高等学校で12年間、さらにプラス大学で16年間です。
9年間、12年間、16年間、人が生きるうえでとても大きな長い日々を占めています。
勉強も運動もこの長い日々に関わるのなら得意であると生きやすいですよね。

しかし、勉強も運動も両方とも得意な人は1クラスに1〜2人ぐらいではありませんか?
勉強といっても算数・数学・理科・科学といった理系、国語・英語・歴史などの文系と、種類があります。
そのどちらかが得意、という人はたくさんいます。
ですが、両方とも得意な人は少ないのです。

さらに”運動”ですが、これは割りと得意な人が多いです。
得意とまではいかなくても”体育(運動)”の時間は休み時間の延長のようで苦でない人が多いようです。
しかし、この運動も苦手な人は苦しいですよね。

”勉強”も苦手で”運動(体育)”も苦手ですと9年間、12年間、16年間がとても苦しい長い日々になってしまいます。
これはとてもつらいことですよね。

勉強は得意!でも運動は苦手…

運動はあまり得意でない人でも勉強は得意という人がいます。
典型といえば典型ですね。
漫画やアニメの世界でも運動が苦手で勉強は得意という設定のキャラクターはたくさんいますよね。

勉強が得意な人は勉強が好きになった”きっかけ”があることが多いです。
好きになるきっかけが得意になるきっかけです。

今、子育てや子供に関わることが多い人にはとても有効的な”きっかけ”です。

一番効果的なのは、小学生の頃にまわりの大人に褒めてもらう・認めてもらうことが大切な”きっかけ”です。

たとえば、国語の漢字の勉強をした子供がいるとします。
採点をしてみるとほとんどが間違っているとします。
このときに『なんでできないの!』などとしかりつける大人がいます。

出来ない子供に対してついつい怒ってしまう気持ちも分かりますが、このあとの長い日々のことを考えて怒らないようにできれば良いですね。

怒らないで、まずは勉強に挑戦したこと・向かい合ったことを認めてあげることです。
認めてあげた後で、なぜ間違ってしまったのかを分析していくようにするといいです。
次の勉強でもあまり良いとはいえない点数をとってしまったとしても同様にしてください。

3ヶ月は続けると良いです。
もしそれでも良くない点数が続いたらどうすればいいのか、困りますよね。

その場合は教え方が良くないことが多いので、参考書や近所で評判の塾など『上手な教え方』を見つけてください。
怒ることと同じエネルギーをそちらに使ってください。
上手な教え方だと子供にとってとても楽しいものになります。

子供は吸収が早いです。
必ず子供は良くなっていきます。
1年間は様子を見てみてください。
そのあとの長い日々を考えると1年間は短いものです。

勉強が得意になる子供はまわりの大人の配慮の成果でもあるのです。

運動が得意!でも勉強は苦手…

運動が得意な子供はとても多いといわれています。
”運動(体育)”の時間は休み時間のような感覚になる子供が多いせいです。

その一方で運動が苦手な子供もいます。

これも全項目同様に『上手な教え方』でずいぶんと解消されます。

運動の場合は、子供が得意だと能力を伸ばしてあげるとアスリートになれる可能性もあります。
大人だと年齢や骨や筋力などからだの成長に制限がかかってしまうことが多いですので、こちらも子供のときがポイントです。

なかなか夢がありますよね。
近年のオリンピックの活躍もありアスリートに憧れる人は多いです。

多くのアスリートがそうであるように子供のうちからその運動に関わっています。
つらいと思うこともあると思いますが、はじめは好きな気持ちから始めることが多いです。

運動が得意だという子供がその運動が好きであればアスリートになれる可能性は無限大なのです。
好きな運動能力をたくさん伸ばしてあげると、もっともっと得意になるはずです。
身体の構造的にも子供のうちの方が運動能力を伸ばしやすいように出来ています。

子供のうちがポイントであれば大人では、もうダメかと思ってしまいますよね。
大丈夫です。
アスリートを目指すわけでは無い場合は、大人でも『上手な教え方』で運動が得意になります。

大人の場合は”運動が苦手”という思いが長い分、『上手な教え方』に出会ったときに衝撃を受けます。
この衝撃がやる気となって、大人でも運動が得意になることがあるのです。
大人でも運動が得意になることはとても嬉しいことですよね。

勉強も運動も得意!

苦手な勉強や運動で、子供をただ怒るだけだとどうなるでしょうか。

良くない点数のテストを見せたら怒られます。
また、良くない点数をとったときに怒られるので、次からテストを見せなくなります。

そうすると分析も行わないのでまた点数が下がる一方です。
テストを受けなくなるかもしれません。

運動の場合は、授業で他の人にも見られてしまうので、見られないように授業にでなくなります。
そうすると、やはり出来ない一方です。

これでは勉強も運動も苦手になりますよね。

良くない点数のテストを持って帰ってただ怒られるだけより、テストに向かい合ったことを認めてあげて、何故間違ったのか分析し、『上手な教え方』をほどこしてもらうと、本人もまたテストに挑めます。
うまく跳び箱が飛べなくても、ただ怒られるだけより、跳び箱に取り組んだことを認めてあげて、どうすれば飛べるようになるのか分析し、『上手な教え方』をならうと、本人もまた跳び箱を飛んでみようと思います。

きちんと認めてあげると勉強も運動も得意になります。
勉強も運動も得意になると冒頭の9年間、12年間、16年間がとても楽です。

楽になるためには周りの大人の配慮が必要です。
本人のあきらめない姿勢も重要です。
あきらめない姿勢は周りの配慮でつくられます。

大人の苦手はそれでいい

勉強や運動も苦手な大人が得意になるにはもう手がないのか?

そんなことはありません。

大人でも『上手な教え方』に出会えれば得意になる人もいます。
大人も本人のあきらめい姿勢が重要です。

ただ、逆説的な表現になってしまいますが大人の場合は苦手なものは苦手のままでもいいのではないかと思います。

大人になると”苦手”なことに対しての対処ができています。
対処と言っても何かするわけではないです。

苦手なことが分かっているから無理しない。

苦手なことには関わらない。

苦手なことが分かっているのでその苦手なことに費やす時間を別のことに当てられます。

年を重ねることによって考え方に幅ができたからそうなるのです。
大人の場合は9年間、12年間、16年間がもう過去のことです。

苦手なことを得意になる必要はもうありませんよね。

この記事のまとめ

  • 勉強も運動も苦手だと9年間、12年間、16年間がつらい。
  • 勉強が得意な子供になるには3ヶ月間は認めてあげる、『上手な教え方』を施し1年間は様子を見る。
  • 子供の得意な運動能力を伸ばすとアスリートも夢ではない。
  • ただ怒るだけではなく認めてあげることが子供の得意をつくる。
  • 大人は苦手なものを得意になる必要はない。

どんな人間にも苦手なことはあります。
まずは自分や子供を認めてあげるといいですね!

 - 学校・勉強