最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

   

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常識と言っていいほど良く聞く言葉ですよね。

毎日、意識して野菜を摂るようにしている人も多いと思います。

でも、野菜を「食べ過ぎる」ことは、実は身体にとってとても負担になっているということをご存じですか?

また、野菜と言っても種類や調理方法によって、身体への影響は大きく変わってきます。

身体にいいのだから、とにかく野菜を食べればそれでいい、というわけではないのです。

ここでは野菜を食べ過ぎることによる身体への害と、どう野菜を摂るのがいいのか?ということについてお伝えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

a52e04b3da3279a609c5da30c56b06f7_s
耳がにおう!ピアスが臭い!…原因はコレだった!


耳の手軽なアクセサリーとして人気があるピアス。 ...

032b747959703e0dd57cea30c5630685_s
地震大国日本に住んでいるからこそ…必見!地震の準備と必要なものまとめ

地震大国日本では、昨年2015年に1814回もの震度1以上の...

46ab15aec6411bfa8d6a12e12726225d_s
ロタウイルスなのに便が緑!ロタでも便が白くない場合も…

ロタウイルスの症状の特徴に便が白っぽく、水のようになるという...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、痕が腫れるのは正常?気をつけるべき症状は


左腕の二の腕に、bcgワクチンの接種痕がある人は...

443464
どうしよう!突発性発疹の原因と下痢になった時の食事

ほとんどの赤ちゃんが発症すると言われている突発性発疹。主な症...

スポンサーリンク


野菜を食べ過ぎると消化不良になる?意外な胃腸への害

消化を助ける働きがある、というイメージがある野菜も、食べ過ぎると逆に消化不良になってしまう場合もあるんです。
消化に負担がかかってしまうと、身体のエネルギーが消化に集中してしまうので頭がボーっとしてしまったりだるくなったりして、集中力まで無くなってしまったりするので注意が必要です。

特に不溶性食物繊維の多いタケノコやゴボウ、セロリなどの野菜は食べ過ぎると消化にとても負担がかかります。

不溶性食物繊維に対して水溶性食物繊維は消化にやさしく、しっかり食べてもそれほど害にはならないでしょう。

  • 大根
  • キャベツ
  • サトイモ

などは水溶性食物繊維が豊富で、特にやわらかく煮ることで、消化にやさしくいただくことができます。

また、消化を助けるのに役立つ野菜は

  • きゅうり
  • 大根
  • 人参
  • 小松菜

これらの野菜を生で少量いただくと、アミラーゼという消化酵素が消化の働きを助けてくれます。

それぞれの野菜の特徴を知っておくと、ちょっと体調を崩した時や胃腸の調子が悪いときにも、自分や家族の身体にとって必要なものを用意することができていいですよね。

食物繊維は腸にいいから、といって繊維の多いものばかり食べるのは逆効果。
腸のためを想うなら、食物繊維は摂り過ぎず、消化にやさしい調理方法にするなどその時の体調に合わせて野菜の種類と調理法を選べるといいですね。

シュウ酸を多く含む野菜の食べ過ぎによる、結石や骨への害

ホウレンソウやトマト、セロリなどに多く含まれる「シュウ酸」という成分は、摂りすぎると結石になってしまったり、カルシウムや亜鉛の吸収を妨げて骨の成長を阻害してしまうことがあります。

シュウ酸は、腸のなかでカルシウムと結合して、便とともに排出されるのが普通ですが、シュウ酸を摂りすぎると余った分が尿の中に出ます。尿の中でカルシウムと結合すると、石のようなかたまりになるため排出されづらく、尿の通り道を塞いでしまうことがあります。それが尿管結石です。

結石の主な原因は、動物性食品の摂り過ぎ、食事の洋風化と言われていますが、つまりはシュウ酸の過剰摂取が原因なので、野菜に含まれるシュウ酸を摂りすぎることも同じことです。

また、カルシウムと結合して排出されてしまうため、体内のカルシウムが不足して骨の成長を妨げるという害もあります。
成長期のお子さんや、妊婦さんは特にシュウ酸の摂り過ぎには気を付けたいですね。

ホウレンソウと言えば鉄分、鉄分不足だから毎日ホウレンソウを食べなくちゃ!という人も多いと思います。
でもやっぱり、何事もそればっかり食べ過ぎることは良くありません。鉄分不足には小松菜や、プルーンや、レバーや海草などいろいろな食品で少しずつバランスよく補うことが効果的です。

野菜ばかり食べ過ぎることによる、栄養失調や貧血の害

栄養のために、野菜を摂らなくちゃ。と言っても、野菜ばかりを食べ過ぎてしまうことは逆に栄養失調になってしまうんです。

ヒトが生きるうえで必要不可欠な五大栄養素は、

  • 炭水化物
  • たんぱく質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル

です。このバランスが崩れてしまうと、体調も崩れてしまいます。

美容のために、油ものやお肉やお魚を控えて野菜中心の食生活をしています、という人も多いと思います。しかし長く続けると徐々にバランスが崩れて肌や髪のうるおいが失われたり、貧血になってしまったり、活力が無くなってしまったり、というようにバランスを崩してしまうことがほとんどです。

マクロビオティックやローフードを、良いとこ取りして言わば適当に実践してしまうと、タンパク質や脂質が不足して痩せこけてしまったり、肌や髪の質が良くなくなってしまったりすることも多いと聞きます。お肉やお魚を食べない、これを食べない、あれは食べない、と禁止ばかりしているとどうしても偏ってしまいバランスを崩してしまいます。バランスよく質のよい食事を摂るために何を選べばいいか?という視点で全体的に考えることが大切だと感じます。

生野菜や葉野菜は身体を冷やします

同じ野菜でも、生で食べるのと加熱して食べるのとでは身体への影響が全く違います。
また、根の野菜(人参やゴボウなど)に比べて葉野菜(レタスや白菜など)は身体を冷やす働きがあります。

野菜を意識して摂ろうという時に、葉っぱの生野菜ばかり食べ続けていると身体はどんどん冷えてしまいます。
身体が冷えると、血液の循環が悪くなったり、免疫力が低下するなどさまざまな害が出てきてしまいます。

ときには生野菜のシャキッとしたのも必要ですが、たまには茹でたり、焼いたり、蒸したり、スープにしたり、煮込んだり、温かく調理した野菜もいただくようにするといいでしょう。

また、それぞれの季節によって、身体に合った野菜が育つということはご存じですか?
例えば夏野菜(キュウリやトマト、ナスなど)は夏の暑い気候の中で育ち、熱のこもった身体を冷やす作用があります。
冬の野菜(大根やゴボウや人参など)は、寒い季節に身体を温める作用があります。
今はスーパーで季節を問わずどんな野菜もたいてい手に入りますが、本来それぞれの野菜には旬の時期があって、その季節の身体に合った作用を持つものが育つような仕組みになっています。自然の仕組みってすごいですよね。

繊維の多い野菜を食べ過ぎると、便秘やガスがたまる原因にもなる

便秘になったら食物繊維を摂ろう、と思いますよね?でも摂り過ぎると、やっぱり逆効果なんです。
食物繊維は、適量なら繊維質が腸内を掃除しながら排出されるので良いのですが、摂り過ぎてしまって腸を詰まらせてしまうと、繊維が水分を吸収してしまい水分不足になってしまい便秘を起こします。また、食物繊維を腸内で分解するときにガスが発生するため、腸にガスがたまってお腹が張ってしまう、ということもあります。

便秘を解消するには、食物繊維を摂ればいい、というよりも、水溶性食物繊維を摂る、ということを意識したほうがいいようです。
便秘で腸の中にコロコロと硬い便がある場合に、さらに不溶性の食物繊維を摂ってしまうとさらなる水分不足になってしまい逆効果です。
水溶性の食物繊維は、便を柔らかくして腸の働きを正常にしてくれる働きがあるので積極的に摂取したいですね。

おなかにガスがたまる時も、食物繊維とらなきゃ、って思いがちなのですが、やっぱり水溶性のものを選ばないと逆効果になってしまいます。

つまり、身体の不調に対してどんなケアが必要なのか?を自分で判断することが大切で、野菜だったらなんでもいいというわけではない、ということですよね。

この記事のまとめ

  • 野菜はからだにいいけれど、食べ過ぎることはかえって害になる。
  • 野菜ばっかり食べ過ぎると、消化不良になる。とくにタケノコ・ゴボウ・セロリには注意。大根などを柔らかく煮るのが消化によい。
  • ホウレンソウに含まれるシュウ酸を摂りすぎると結石や骨の成長を妨げることがある。こどもや妊婦さんは注意。
  • 野菜ばっかり食べていると栄養が偏ってしまい栄養失調や貧血になってしまうことがある。中途半端なマクロビオティックはNG。
  • 生野菜・葉野菜は身体を冷やす。温野菜・根の野菜も季節に応じて旬のものをいただくのが良い。
  • 食物繊維の多い野菜は便秘やガスの原因にもなる。繊維が水分を吸って水分不足になってしまう。

野菜ばっかり食べ過ぎるのは害だけど、野菜が悪者というわけではなく、バランスよく偏りすぎないように摂りましょう、ということが大切ですよね。

野菜の種類や、調理方法なども、ついつい簡単に生野菜サラダばっかりになってしまいがちですが、たまには茹でてみたり蒸してみたりして旬の野菜を楽しもうと思います。タンパク質や脂質など全体的なバランスも意識しながら、健康でいられる自分と家族に合った食事を日々研究していきたいと思います。

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ