最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

   

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。

子供の頃は過保護でうるさかった親元を離れ、髪を染めたり化粧を覚えたり友達と朝まで遊んだり、大人には大人なりの自由があるのです。

しかし気づけば自分も立派なアラサー、この歳になると“結婚”の2文字に敏感になるのではないでしょうか。

焦るだけ無駄!と前向きになったり、そろそろ身を固めなければ・・・と現実的になったりとアラサーは大変です。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


アラサーは焦るべき?結婚は何歳がベスト?

30歳を目前にしたアラサー、四捨五入したら30歳になるアラサーなど人によって多少誤差はあれど“アラサー”という言葉になぜか重たさを感じてしまうのは自分だけでしょうか。

ごく普通に使われるようになった言葉ですが、「もう30歳なのに」「もう30歳なんだから」といったニュアンスを感じてしまうのです。

これが20歳であればまだわかります。

華々しい成人式を迎え、大人の仲間入りを果たして社会的な扱いも大きく変化します。しかし30歳になったからといって一体何が変わるのでしょうか。

保険料が値上がる?健康診断の検査項目が増える?

こんなことはあるかもしれませんが、アラサーになったからといって必ず自分の家庭や将来について考えなければならないわけではありません。

もうアラサーだけど結婚の予定は?なんて大きな御世話ですよね。

今の社会には、まるで独身のアラサーが結婚したくてもできない人のように扱われているような風潮を感じます。

しかし2015年のデータによれば、平均初婚年齢は女性が29.4歳、男性が31.1歳と立派なアラサーの域なのです。これは年々緩やかに上昇傾向にあり、逆に婚姻率は減少傾向にあります。

アラサーでまだ結婚できていないというどころか、これから結婚するという人が十分多いということです。

焦る分だけ結婚が遠のく?アラサーの恋愛事情

しかし中には結婚していない状況を焦る人がいるのも事実。

ちょっとの階段でも息が切れてしまったり、もう無茶な遊び方はできなくなったり、日常のふとした瞬間にアラサーまで歳を重ねてきたことを実感するのではないでしょうか。

平均が30歳ほどということは、もちろんそれ以上早い人も遅い人もいるわけですが、年齢だけで結婚を決めてしまうのはどうなのでしょうか。

女性は男性にはない“妊娠”と“出産”という人生の一大イベントがあり、これは歳を取れば取るほどさまざまなリスクが高まりますし、両親が元気なうちに孫の顔を見せたい、そんな理由から早く結婚したいという気持ちもわかります。

しかしいざ結婚相手を探そうとするとなかなかうまくいかないもの。

それは結婚に直結する相手を見つけるために、交際する前から高いハードルを設けてしまっているためだと考えられます。

若い頃の遊び感覚のお付き合いであれば「顔がタイプ」「なんか優しそう」「好きだと言ってくれるから」そんな簡単な理由でもとりあえず付き合う流れになりやすいですよね。

しかし初めから結婚相手を探す気持ちでいると「仕事や収入は安定しているか」「家族構成はどうなっているのか」「子供や将来のビジョンはどう考えているのか」そんな現実的な項目が増えてきてしまいます。

確かに結婚は自分の人生を左右するものですが、どんな人でもまずはお付き合いを経てお互いをよく知っていかないと始まりません。それを頭に入れた上で婚活に励んでいきましょう。

アラサーだけど結婚を焦る気持ちがない

結婚を焦るアラサーとは真逆のパターン、結婚願望が無いことに対して不安を感じる人も中にはいることでしょう。

世の中の流れではみんな結婚をして子供を産み育て、温かな家庭を築いて孫の成長を見守る、それが当たり前となっているのに自分にはなぜ結婚願望がないのか?

年々少しずつ増加している未婚率からも、結婚を選択しない人が増えてきていることがわかります。結婚に興味がないことは悪いことじゃありません。

チャレンジ精神が旺盛

新しい世界に飛び込むことはそれなりのリスクが伴います。新しいことを始めてもそれが正解かどうかなんて誰にもわかりません。

結婚をすると自分の人生は自分のものだけではなくなり、守らなければいけないものが多くなります。そのためには極力リスクを避けていくのが無難ではありますよね。

これがさまざまなことに挑戦していきたい気持ちを持つ人への足枷になってしまうのです。

仕事の第一線で活躍していたい

30歳にもなれば社会経験もそれなり積みかさなり、仕事での才能を発揮してバリバリに働いている頃です。

1日の大半を仕事につぎ込み、仕事が中心の生活に身を置いていることに生き甲斐を感じている人は、結婚というものを魅力的に感じにくくなります。

自分の実力で自立して生きていることにやり甲斐を感じるので、他人と支え合いながら生きていくという人生に疑問を持つのではないでしょうか。

幼少期の家庭環境

小さい頃の記憶は良くも悪くも影響力を持ちます。

自分の両親の結婚生活が上手くいっていなかった場合、結婚に対してプラスのイメージを持ちづらくなることから無意識に結婚を避けてしまうのです。

結婚を迷うあなたへ、メリットとデメリット

これからパートナーを探す場合、初めは意欲的に行動できても次第に疲れたり面倒に感じてしまう時がくるでしょう。

赤の他人同士が関わり合いを待つわけですから当然気も使いますし、早く結婚したい人からすれば恋愛特有の駆け引きなんかが楽しいどころかじれったく感じてしまいそうです。

「わたしなんかが結婚できるのかな」と不安になったり家族から結婚を急かされたり、こんなにも頭を悩ます結婚のメリット・デメリットとは何があるのでしょうか。

結婚のメリット

大切な人との家庭を築ける

これは結婚の最大のメリットではないでしょうか。

血の繋がりのない他人であったパートナーと家族になれるのです。結婚は愛する人が死ぬまで側にいるという誓いです。

支えてくれる人がいる

人生は何が起きるかわかりません。今日事故にあうかも、明日病気になるかもしれないのです。

しかしそんな状態に陥っても、家に帰れば愛する家族がいてあなたを支えてくれます。

誰しも1人では生きていけませんから、結婚することによってより信頼できる深い関係となりお互いを支え合っていくのです。

結婚のデメリット

自由が制限される

結婚すると家計を第一に考えなければならないので、給料の全てを自分で好きに使うことはまずできません。

また休日も自分の好きなことだけをして過ごしていたら家族として破綻してしまいますし、面倒でも親戚付き合いなど相手の家族への配慮が必要不可欠になります。

やりたい事に挑戦しづらくなる

今の仕事や収入を捨ててまで挑戦したい、その熱意を伝えて後押ししてくれるパートナーもいますが、それは稀なケースと考えて良さそうです。

結婚すればまさに運命共同体。どちらかが躓けばその負担は2人に降りかかるため、何事も自分だけの決定では行動に移せなくなるのです。

アラサーが結婚するためにはどうすればいい?

新しい環境にいけば、それだけ新たな出会いもあります。

アラサーにもなると、転職をしない限りなかなか周りの人たちが入れ替わることもありませんよね。

結婚相手を探すために転職なんて馬鹿馬鹿しい・・・ならば自らアクションを起こさなければ出会えるものも出会えません。

婚活や街コンサイトを利用する

止まらない少子化に未婚率の上昇、日本人は年々少なくなってきています。子供が生まれなければ限界集落の数が激増し、地方にとっては大ダメージなのです。

そこで積極的に開催されているのが市町村主催の婚活・街コンです。

今や合コンや出会いを求めることは若者だけの問題ではありません。

年齢層も30代、40代以上に向けたものも多く開催されており、友人と参加できたり1人参加限定だったりとニーズに合わせて多種多様に展開されています。

習い事、スクールに通う

なにか興味のあった分野や極めていきたい趣味があれば、そういったクラブに所属したりスクールに通うのがおすすめです。

自身のスキルアップにもなりますし、新しい出会いも期待できるのでまさに一石二鳥。

いきなり知らない人とはちょっと・・・という人も、共通の好みがあれば比較的打ち解けやすく、会話も弾みやすいのではないでしょうか。

この記事のまとめ

  • 現代はアラサーがまさに婚期。
  • 焦りは失敗の元、年齢に囚われ過ぎない。
  • 自らのアクションを起こすことが大切。
  • 結婚をしないという選択も年々増えている。

まだまだやりたいこともあるけれど、でも世間的には落ち着かないければいけない時期。という風に思いがちですが、決してそんな事はありません。

一度きりの人生ですから、自分の本当に納得のいく選択をしていきたいですね。

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ