話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

2017.4.28

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借りていた部屋の原状回復の義務があります。クロスの場合、たばこを吸っているかいないかで大きく値段が変わってきます。

ならば、日々のメンテナンスで戻ってくる敷金が変わるというならば、ヤニ取りをする意味はありますよね。

簡単に出来るヤニ取り方法についてご説明いたします。

クロスのヤニ取り方法で敷金の返却額が変わるって本当?

お住まいの都道府県によっても原状回復のルールが違うので一概には言えません。とはいえ賃貸の場合は、基本原状回復の義務がある事は事実です。

しかし、入った状況と全く一緒にするのは不可能ですよね。何故ならば、部屋というのは時間とともにどんどん古くなるからです。それを新品同様にするためのリフォーム代金をすべて借り主が負う必要はないのです。

時間とともに古くなる事の経年劣化といいます。この分をキレイにしようとするのは貸主の責任です。つまり経年劣化分をキレイにする事については借り主は負担を免れます。つまり通常の使用でついた汚れはキレイにする義務はありますが、古びたための汚れは負担しなくてはいいので、大概退去後のリフォームでクロスの張り替えが行われる場合、その金額を借り主と貸主で分担する事になります。

ただたばこを吸っている人の場合は、クロスの汚れが経年劣化分を超え著しく汚れるため、吸っていない人よりもクロスの張り替えに対する負担金が大きくなるのです。

素人でもできるクロスのやり取り方法とは?

壁の掃除となると、一般的に乾拭きもしくは水拭きですよね。ちょっとした汚れであればこれで十分なのですが、残念ながらヤニというのはとってもしつこいので乾拭きや水拭き程度ではキレイになりません。

そのためもあり、たばこを吸っていた人の部屋というのは、においもついてしまっているためクロスの張り替えを行われることが多いのです。

たばこのヤニと言うのは粘着性のある物質でそれが蓄積していくと、どんどん黄ばんできます。そのため、出来るだけ早い段階で、定期的に掃除するのが大切です。

掃除方法としては、オススメ洗剤は「セスキの炭酸ソーダ アルカリウォッシュ」です。

これは壁掃除でなく、家じゅう至る所に使えますし、赤ちゃんやペットがいても問題なしという一品です。

これをスポンジにつけて、汚れた壁を少しずつ擦ってください。キレイになったらキレイな布で拭きとって、また次の場所をやります。これの繰り返しです。

時間はかかりますが忍耐が大切です。

これはやってはいけない、クロスのヤニ取り方法

洗剤を直接壁に吹きかけるのは止めましょう。クロスが水っ気で浮き上がってしまう事もあります。また、クロスの種類によっては変色の可能性もあります。

人間にある物質を塗って皮膚の炎症が起きないかどうか確かめるのを「バッチテスト」と言いますが、壁にやる時もこのバッチテストを試した方がいいでしょう。

あまり目立たない場所に、洗剤をつけたスポンジなどで軽く擦ります。そしてふき取って、そこが変色していないか少し時間を置いて確認してください。

それで問題がなければ、他の場所でも試してみましょう。

また壁紙の継ぎ目には注意してください。ここは他の場所よりも水分に弱いのです。水分は入り込むとそこから壁紙がはがれてしまうこともあります。壁紙というのは結構簡単にはがずことができます。それこそ1歳の子供でもはがせてしまうので、継ぎ目に水分が入らないように注意してください。

そうしないといくらキレイに掃除してもクロス張り替えの運命は避けられません。

出来れば家の中でたばこを吸わない方が良いかも…

喫煙者というのは、21世紀の日本で最後に残った被差別民と言えるかもしれません。例え喫煙可能な飲食店でたばこを吸っていても、迷惑そうな目で見られ、その上高い税金すらかけられています。会社では寒くても、暑くても外の喫煙所でたばこを吸わされるとなると、家ぐらいはゆっくりと座って心地いい場所で喫煙を楽しみたいですよね。

しかし、既婚者の場合は特に、子供に対する受動喫煙と部屋の黄ばみを防ぐために外に追い出される喫煙者が後を絶ちません。

辛い毎日だと思いますが、それでも、家の中でたばこを吸うとなると、前述したように壁の黄ばみは避けられません。もちろんご紹介した方法である程度キレイにはなりますが、吸った分だけ壁が吸収すると考えると、非常にマメに掃除が必要になります。

賃貸ならばまだしも、自宅となるとたばこを吸わない妻などは、部屋を黄ばませるのは非常に抵抗する傾向がありますので、夫婦喧嘩に発展する可能性もあるわけです。

ならば暑くても、寒くても外で吸った方が楽という考え方もあります。

クロスは部屋単位で張り替えになるので注意が必要

頑張って壁掃除をしても、やはりキレイに仕切れないという事はあります。それほどヤニの黄ばみというのは強いのです。そして基本的にクロスの張り替えは部屋の壁一か所だけどいうのはあまりありません。何故なら、同じクロスを使っても、新しいのはやはり色が少し違うため、部屋の壁の一か所だけ汚れていても、多くの場合、色合いを合わせるために部屋単位の張り替えになります。

また掃除をするにも、全ての部屋の壁掃除というのはとっても大変です。

どうしても家でたばこを吸いたいのであれば、たばこを吸う部屋を決めてしまうというのも一つの手です。部屋の換気を良くして、その部屋でだけたばこを吸うようにすれば、掃除も楽ですし、退去時もクロスの張り替えの範囲や負担が軽くなる事もあります。

もしくは、換気扇の下で喫煙なんて方法を取っている人もいるでしょう。そういった意味では換気扇が付いている事が多く、また掃除が比較的しやすい浴室などがオススメかもしれません。

家でゆっくり喫煙したいという人は、掃除と並行してこの方法ととってみては如何でしょうか?

 - 生活・ライフハック