話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

2017.5.8

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。

日々大活躍していますよね。だからこそ定期的に洗濯槽クリーナーを使ってキレイにするように心がけている方も多いと思います。

しかし、ここで衝撃の事実をお伝えします。

それは「洗濯槽クリーナー」では洗濯槽のカビは除去できないのです。

何度も洗濯槽クリーナーを使っても、洗濯物に変なにおいが残る、黒いものが付着するとう方は一度黒カビ除去を試してみましょう。

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使っても、カビが残るという事実

最近のテレビのCMを見て気が付いた事ありませんか?

除菌、抗菌の効果のある洗剤は当たり前ですし、とにかく「イヤな臭い」をどう除去するか、また別の香りをプラスするかというような商品が多数販売されています。

現代の日本人というのは、とにかく匂いに敏感でかつ清潔志向と言えます。

さてそんなキレイ好きの日本人ですから、洗濯も当然日々している人が多いでしょう。

しかしそんなに洗濯をしても、なんとなく洗濯物に変なにおいが付く事ありますよね。そして部屋干しを止めても、洗濯槽クリーナーを使っても、何となく匂いが残り続けて、仮に香りを付与する洗剤を使っても、なんだかその匂いがカバーできないなんて事ありませんか?

その原因は恐らくカビです。これは洗濯機の宿命であり、どんなに洗濯槽クリーナーを使っても、防ぐ事は難しいと言われています。

キレイ好きな日本人としては、洗った洗濯物にカビが付着していたどしたら、中々ショックですよね。

洗濯機で洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残る理由とは?

カビは湿気の多い所に繁殖しやすいのです。

そして洗濯機はその性質上常に水を使うために、常に湿気を帯びてしまいます。特に洗濯機を多用するご家庭はその傾向が強いようです。

洗濯機で洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残る原因として、市販の洗濯槽クリーナーの多くは塩素系であるためカビには効果がないのです。

でも洗濯槽見てもそんなカビ見つけられないよ!という人そこで安心してはダメです。見えない所に黒カビは繁殖する事は珍しくないのです。人間の目が見られるのは洗濯槽の内側だけですが、外側などに生えてしまう事があり得ます。

前述したように、洗濯物が洗濯しても何となく「匂う」とか、洗濯ものに何となく黒っぽい汚れが付着するようになったら、それは黒カビが繁殖している証拠かもしれません。

一度、これからご紹介する方法で洗濯槽を掃除してみてください。もしそれで匂いが消えたり、汚れが付かなくなれば、原因が黒カビだったとお分かりいただけると思います。

カビが残る洗濯槽クリーナーをキレイな洗濯機に戻すには?

さてまず準備から始めます。

必要なのは4つあります。

一つ目は酸素系漂白剤です。粉状でも液体状でもOKです。粉末では500g以上、液体でも500ml〜1,000mlぐらい準備してください。

二つ目は「持ち手のあるゴミ取りネット」です。生活雑貨を扱っているスーパーや100円ショップでも売っています。

三つ目はお湯です。洗濯機にお湯にする機能がない時はお風呂のお湯を追い炊きして使ってもらっても大丈夫です。

さて四つ目はいらないタオルです。どうしても水を大量に使うので、何かあった時すぐふけるように洗濯機傍に準備してください。

ちなみにこのクリーニングには12時間かかります。その間は洗濯できませんしので、ゆっくりと時間の取れる時に実践してください。

そんなに難しくはないのですが、自分でやるのに抵抗がある人は業者に依頼するのも一つの方法です。業者や洗濯機によって価格に差があるかもしれませんがおおよそ1万2千円〜言われています。

もし気になる人は一度お問い合わせしてみては如何でしょうか?

洗濯槽をキレイにする方法 実践編

洗濯機に50度くらいのお湯を一番高い水位なまで溜めてください。そしてお湯が冷めないうちに、酸素系漂白剤を入れましょう。洗濯機を回しながらゆっくり入れていくのがポイントです。液体の場合は500ml〜1000ml、粉状の場合は500gぐらいです。水しか使えない洗濯機の人は水でもできるのですが、どうしても洗浄能力が落ちてしまいます。

洗濯機を回します。ただ洗濯機を回すだけの機能で回してください。回し終わったら水を流してしまう方法だと上手く行きません。

10分間ぐらい混ぜたら、そのまま10時間放置です。

さてこの10時間はいわゆるつけ置き時間という事です。10時間たったら、また洗濯機を回しましょう。今で隠れていた汚れがどんどん浮き出てきますので、ここでゴミ取りネットの出番です。

汚れがでなくなるまで洗濯機を回しながら、このゴミ取りネットでゴミを取り除きます。

ゴミが出なくなったら、洗濯機の機能ですすぎ→排水→脱水のコースを選択してください。

そしてもう一度洗濯槽の水を満タンにして洗濯機を回してください。もしゴミが取れるようなら、またゴミをとって、すすぎ→排水→脱水を繰り返します。タオルで洗濯槽を拭いて汚れが付かなければキレイになった証拠です。

キレイな洗濯槽で洗濯をすれば、驚くぐらい洗濯の出来がアップ

前述したように、最近は洗濯洗剤もいろんな効果がついています。抗菌、除菌、消臭等々、確かにあればいい効果ばかりですが、それに気を取られて実際の洗濯機のケアがおろそかになっては本末転倒です。

実際の所、キレイな洗濯機で洗濯して日光にあてるだけで、洗濯物はとてもいい匂いになるのです。

酸素系漂白洗剤も決して効果なものではありません。時間はかかりますが、ほとんどの場合はつけ置き時間に当たりますので、その後ゴミ取りは少々面倒かもしれませんが、定期的にクリーニングをしていれば、始め程大変ですが、それ以降はさほどではなくなります。

洗濯ものの匂いが気になっている人は、洗剤をどれにするかを悩むよりも、是非一度洗濯槽のカビ取りをしてみてください。

また洗濯機の機能には槽洗浄なんて機能があるものもありますので、ご説明した方法と併用してみてもいいでしょう。

そうすれば匂いが気になる、何か付着したとしてまた洗濯をし直す手間から解放されるかもしれません。

 - 生活・ライフハック