話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

2017.5.29

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会に出たり、はたまたスキルアップを目指してどんどん転職をしてみたり。会社に入ると勤続年数と年齢は必ずしも比例しません。

そのため時には年上の部下ができることもありますが、自分の方がこの会社では実績があったとしても少し抵抗がありますよね。

特にその相手が女性となると神経質に考えてしまうもの。うまく年上の部下と付き合っていくにはどうすればいいのでしょうか。

年上だけど部下、男性よりも女性は年齢を気にしやすい?

よく女性に年齢の話はタブーだと言われますが、年齢がどうであれ仕事とは関係ありません。

初めのうちは当たり障りのない自己紹介をしたりしますが、年齢についてあえて触れる必要はありません。自分の方が年下ですが・・・なんてへり下る必要もありません。

年齢に敏感な女性は、自分が年下であることを言うたびに遠回しに歳のことを言われてるんじゃないかと気にしてしまうかもしれません。「扱いにくいおばさんがきて悪かったわね!」なんて思われてしまったら仕事もやりづらくなります。

実力主義の社風であればあるほど、年下であろうと自分の立場の方が上なら妙な気遣いはしないほうが無難です。会社も年上の部下ができるとやりづらくなるのは分かっています。しかしあなたが上司として選ばれたということは、あなたならうまく接していくことができるだろうと期待されたからです。

年上の女性に余計なお世辞はNG!部下としてみることが重要

見え透いたのお世辞を連発する人は、年上に媚びているつもりでも実際はうんざりされていることがほとんどです。上司だけど年下ということで、極力持ち上げてやり過ごそうという考えもありますが、今後のことを考えるとこの方法はおすすめできません。

上司であるにも関わらず相手の機嫌を伺いながら接するようになってしまっては威厳がなくなります。威厳のない上司は尊敬もされにくく、尊敬できない上司の指示なんて聞く気も失せてしまいます。年下ということで最初から見下されていたら、上司と部下という立場が逆転してしまうこともあります。

もちろんみんなが気持ちよく働けるような気遣いは必要ですが、年上に媚びるような言動をしたり、気に入られようとしてしまうのは良くありません。また、そんなあなたを見た他の部下たちがどう思うかも考えてみてください。

年上だけど部下となった女性の心境は?

あなたが接し方に悩むように、部下の女性も自分がどう思われているのか気にしている可能性があります。誰がどう見たって、年上の部下ができると最初のうちはやりづらいと思うでしょう。

しかも相手が女性であればなおのこと気を使われたりして、気を使われていることがわかるとこちらまでなぜか疲れてしまいます。

男性は女性に比べて仕事に対してのプライドが高い人が多く、年上なのに部下という立場でいることが納得できないという人もいるでしょう。たとえ中途入社だとしても自分の経歴やスキルがもっと評価されるべきだと考えることも珍しくありません。

しかし女性にはあまりこのような考えが見受けられません。自分のほうが実力は上だと思っても、きちんと業務をこなしていれば正しく評価を受け、上にのし上がっていけると考えるからです。

男性からすれば悠長にも思えますが、年上の部下として入ってくるなら女性のほうがまだ扱いやすいといえそうです。

女性は言葉に敏感!気をつけるべきNGワード

部下に限らず、職場で女性を敵に回すと後々大変な目にあうこともあります。そのため出来るだけ機嫌を損ねないようにしようと、日頃から女性を褒める発言をする人っていますよね。

褒められて気分が悪くなる人はいませんが、間違ったように受け取られないためには注意が必要です。

身体のパーツを褒める

なんでこれがいけないの?と思いますが、身体的な特徴は必ずしも相手にとって良いようには受け取られません。もしかしたらコンプレックスのある部分かもしれませんし、そんなところを見てるなんて気持ち悪い!と感じる人もいるのです。

難しいところですが、相手が不快に思えばセクハラだと訴えられてしまうこともあるので気をつけましょう。

仕事の頑張りを褒める

単に仕事ぶりを褒めるなら問題にはなりませんが「女性なのに」「○○さんでも」といった風な言い方をすると、問題視されるケースがあります。

セクハラとは少し違いますが、女性差別だとして不快に思う人もいます。

仲を深めるための“飲み”は女性から不評?

上司と部下の仲を深めるといえば、飲みに行くのは定番です。「飲みニケーション」という言葉ができるほど、お酒と仕事は密な関係とされています。

しかし異性同士だと、ただ仕事の話をするためとはいえ飲みに行くことには抵抗があるという女性も少なくありません。年下といえど上司からの誘いは断りづらいので、なるべく二人きりのお酒の席は避けるようにしたほうがいいでしょう。

仕事が終わっているのに仕事で拘束されている気分になりますし、上司と飲みに行くとなると部下は気疲れもします。業務中以外でコミュニケーションをとる場を設けたいのであれば、ランチを一緒に食べながら軽く話す程度にしておいたほうが相手の負担にもなりにくそうです。

間違ってもわざわざ休日に会おうとするのはNGです。仕事とプライベートの時間はきっちりと分けるようにしてくださいね。

 - 仕事