話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

2017.6.5

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉妬心が堪えきれない――そんな悩みを抱えてはいませんか?

自分自身、若い時代はありました。そして、その若さから、周囲に可愛がられる時代もありました。だから、自分の抱えている気持ちほど、浅ましく、嫌なものはない――そんな風に自分を責めていませんか?

自分より若い女性に感じてしまう嫉妬。

その気持ちをどうすれば堪えることが出来るのでしょうか?

職場の若い女性に嫉妬してしまう… こんな自分は嫌だと思うなら

自分より若い女性に対し、嫉妬に狂う女性ほど醜い女はいない――

そんな言い方をされることがありますが、女性にとって、この嫉妬心ほど御し難く、自己嫌悪に陥るものはありません。

自分にも若い時代があった。

若さだけで可愛がられている時代があった。

だから歳を経た今、若い女性が可愛がられているのは当然のことだと分かっている。

それでも、どうしても嫉妬心というものは芽生えてしまうものです。

「嫉妬しないで済む方法があるのなら、こっちが教えて欲しいぐらいだわ!」と思っているのではありませんか?

ただ、自分が嫉妬していることに気付いている女性には、まだ救いがあります。

逆を言えば、嫉妬して、かつ自分がそれに気付かないうちに、相手や周囲に”八つ当たり”をしている女性には為す術はありません。

ですから、あなたにはまだ、自分の気持ちを整理し、本当の”大人の女性”になるチャンスがあります。

そのためには、まず、その嫉妬心を生み出しているものが何なのかを理解する必要があります。

どうして職場の若い女性に嫉妬してしまうのか それの元凶は…

職場において、自分よりも若い女性に嫉妬心から攻撃してしまう女性を、”お局様”と呼ぶようになって久しいですが、何故、自分がこのお局様になってしまったのか、本当に理解している女性は少ないです。

ズバリ、この嫉妬心を生み出している一番の元凶は、生物としての本能です。

理性的で社会的な考え方に基いて生きている人間ですが、その一番中心にあるのは、”ヒト”という生物としての根幹的な本能です。

そしてこの本能の中には、自分の子孫を多く残したいという願望があります。

これは男性にも女性にも同様のことが言え、男性側からすれば、やはり若い女性のほうが魅力的に見え、そちらを優先したくなってしまうのです。

対して女性の方は、今まで自分にあった男性の興味が、自分よりも若い女性に移ってしまったことに焦りを覚えます。

この焦りこそ、嫉妬です。

そのため、自分の本能を脅かす相手を何とかして追い出したいと願い、ついつい若い女性に対して辛く当たってしまう――自分から興味を移した男性達すら憎く思えてきてしまうのです。

職場の若い女性に感じる嫉妬は、無意識のうちの比較も原因

また、職場に入ってきた若い女性に対して嫉妬心を生み出しているのが、自分の現状との比較です。

若く、そして働く意欲があり、これからいくらでも好きな未来を選べる立場にある彼女と、彼女よりも選択肢が少なくなってしまった自分を、無意識のうちに比べてしまっているんですね。

しかも職場の場合、自分が働き出した時代よりも、女性にとって働きやすい環境が整っています。

自分が彼女達と同じ年代だった時よりも恵まれている、そうした状況を当たり前に感じていることに、苛立ちも感じているのです。

若い女性に嫉妬する女性は、往々にして、現状に不満を抱えているのも元凶です。

パートナーの有無や、家庭があるならば夫への不満、子育ての大変さ、仕事と家事の両立、親戚との付き合い方――と、様々な不満や悩みを抱えているために、そうした悩みと無縁な、キラキラと輝いている若い女性が妬ましくなってしまうです。

このように、若い女性に対する嫉妬心は、”現在の自分が持っていないもの”を持っている、”自分の若い頃よりも恵まれているように見える”から起きるものなのです。

若い女性への嫉妬心を、どうすればなくすことができるのか

若い女性に対して嫉妬する自分が嫌だ、そう思うのであれば、まず、現在の自分の立っている位置こそ、自分の足で歩いてきた道であり、他の誰の責任でもないものであることを、じっくり言い聞かせる必要があります。

「いや、私の若い頃は今のように…」と、反論したい気持ちもあるでしょう。

しかし、ここだけは何としても(無理にでも)納得しなければなりません。

過去のあなたが、その時に選べる幾つもの選択肢から選んだ結果、今の自分がいるのです。

無い物ねだりをしたところで、得られるものは何もありません。

嫉妬心が実際にもたげてきた場合には、まず一呼吸して考えてみて下さい。

自分は本当に、彼女や周囲に対して八つ当たりをしたいのか。

その時の自分の顔を、鏡で見ることが出来るのか。

その自分の姿を、誰かに、自分に誇ることができるのか。

そして、自分に問いかけてみて下さい。

自分が彼女と同じ年代だったころ、現在の自分と同じ年代のどんな女性に憧れたか。

その憧れの女性の姿と現在の自分、どう違うのか。

私たちは人間です。湧き上がる本能を、理性でコントロールし、いい方に向かわせる力を持っています。

こうした意識のトレーニングを行い、自分がなりたかった憧れの女性像に近づくことは、今からでも可能です。

本能による嫉妬心を御し、本当になりたかった大人の女性になろう

嫉妬を感じている女性に対し、優しさを見せることは、最初のうちこそ辛いと思うかもしれません。

相手の方も、今まで嫉妬をむき出しにして突っかかってきた”お局様”が手のひらを返して優しくなったら、警戒するでしょう。

ですから、始めのうちは、少しずつで構いません。

少し困っていそうだったら、さっとアドバイスをして去る、そうした手助けから初めてみてください。

「これは彼女のためではない、自分のためだ」、そう言い聞かせるのがポイントです。

幸い、あなたにはそれが行えるだけのスキルが、既に揃っているはずです。

若さは確かに、自分の元から去って行ってしまいました。

しかし幸いなことに、その若さと引き換えに、あなたは色々な力を手に入れています。

仕事に対する知識や技術を始め、他人の心の機微を察する力、嫌なことも笑顔で流せる演技力、そして少々のことにも動じない精神力、それこそ片手では足りないほどのものが、現在のあなたには備わっています。

今の自分があるのは、今までの自分の歩いた結果。

そして今後は、今の自分がどちらの道を歩いていくかで決まります。

自分に自分を誇れるよう、是非、意識のトレーニングを行い、嫉妬心を飼いならしましょう。

 - 仕事