最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

   

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と育児ですが、会社に勤めている方は会社から「出産手当金(産休手当)」を貰える場合があります。

でも夫の社会保険の扶養に入っている場合には対象にあたるのでしょうか?そんな「出産手当金(産休手当)」に関するお役立ち情報をご紹介します。

知らないだけでいざという損をしないように、知っておきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

スポンサーリンク


知らないと損!社会保険と産休手当と扶養控除の関係

近年増えている働くお母さんですが、共働きの家庭のお母さんが出産をすることになり、産休を取る場合には受け取れる手当が「出産手当金(産休手当)」です。これは、産休中に仕事ができないためその間の生活をサポートするためのお金です。

金額は、受け取る人によって違います。
産休手当は、会社で加入している「健康保険」から支給される手当です。健康保険に加入しているかどうかが至急の基準で、契約社員やアルバイトなどの正社員以外の方も対象に当てはまります。

産前休業と産後休業の期間が対象の期間となります。産前休業は出産予定日を含んだ6週間が対象期間で、産後休業は出産の翌日から8週間が対象となっています。
しかし、この産前休業は労働基準法で定められている内容が女性側が休業を請求した場合に適応されるものになります。本人が働くつもりでいれば産前休業ではなく、働き続けることもできるのです。

知っているとお得な社会保険「産休手当」と「扶養」について

産休手当を貰える条件は、ふたつあります。

この条件を見逃していたためにいざというときに産休手当を受け取れないという可能性もあるので要注意ですよ!
条件のひとつめは「勤務先の企業の健康保険に加入している」こと、もうひとつが「出産のために仕事を休職した場合」です。つまり産休をとって会社から賃金を受け取らない場合に、その期間の生活をサポートする目的で支給されるのが「産休手当」なのです。

産休手当は、標準報酬月額によって金額がいくら受け取れるのかが決まります。

産休手当を受け取るまでの手続きが必ず必要で、勤務先への申請が必須です。また、申請の際に健康保険出産手当金支給申請書といった書類の記載と、医師の証明が必要になります。産休後にその書類を健康保険担当者に提出して、ようやく産休手当を受け取ることができるのです。

産休の時に社会保険と産休手当と扶養について

では、特にみなさまが気になっている産休手当と扶養の関係をご案内します。
会社を退職して出産する準備にはいったAさんは、その際に夫の扶養に入りました。この際は、産休手当を受け取ることができるのでしょうか。

先ほどご紹介した出産手当金を貰う条件を思い出してください。
産休手当は、会社で加入している「健康保険」から支給される手当です。健康保険の被保険者であることが条件です。さらに、12か月間社会保険料を納めている必要があります。

健康保険料を納めているのが本人名義でなければいけません。このAさんの場合には、退職後に夫の扶養になるのではなく国民健康保険に加入する必要があるのです。そもそも、扶養制度というのは生計の収入源が夫(被保険者)で、その被保険者に扶養されている人(妻や子供)が夫と同じ健康保険に一緒に加入する入れるのです。

本人が健康保険料を納めていないということになるので、この場合には受け取ることができません。

仕事しなくても出産手当金を受け取ったら扶養に入れないのか

出産をいいタイミングと考えて、今後は家庭に入り子育てや家事をがんばっていこうと考える女性も多いですよね。そんな時に、旦那の扶養保険に入ることができなかったらどうしたらいいのでしょうか。

もし、あなたが自分が勤めていたときに健康保険に加入していて、その加入していた健康保険を利用して出産手当金(産休手当)を受け取ろうと考えているのあればそこでいったん止まって考えてみたほうがいいでしょう。

年間収入が130万円に満たないもので、被保険者(夫)の収入の年間額の半分に収入が満たないものが健康保険の被扶養者として加入できるのです。
産休手当が130万円以上にならない場合にも年間で他の会社で働くなどの収入がある場合には注意が必要です。この場合は「年間収入が130万円に満たない」という条件からもれてしまうからです。

社会保険と産休手当、どうしたらいいのか迷ったら

もし、あなたが出産を転機として今後仕事を辞めて夫の被扶養者になるのであれば、産休手当の申請自体を行わないようにする必要があります。
もしくは、産休手当をどうしても受け取りたい場合には産休手当の受給条件を満たすことを目的としてその間は国民健康保険に加入するのがいいでしょう。

産休手当金の金額は、人によって違いますがだいたい日給の3分の2が1日に受け取れる金額です。
産休手当金はかなり大きい金額になることも多く、受け取れるか受け取れないかで今後の生活に支障がでてしまうかもしれません。

もし、悩まれる場合には一度あなたが健康保険に加入している会社の健康保険組合に確認をするのが最適ですよ。
知らなかったことで、せっかく受け取れる手当が減ってしまったり、受け取れなくなってしまう場合もあるので注意してくださいね!

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ