最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

   

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と育児ですが、会社に勤めている方は会社から「出産手当金(産休手当)」を貰える場合があります。

でも夫の社会保険の扶養に入っている場合には対象にあたるのでしょうか?そんな「出産手当金(産休手当)」に関するお役立ち情報をご紹介します。

知らないだけでいざという損をしないように、知っておきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


知らないと損!社会保険と産休手当と扶養控除の関係

近年増えている働くお母さんですが、共働きの家庭のお母さんが出産をすることになり、産休を取る場合には受け取れる手当が「出産手当金(産休手当)」です。これは、産休中に仕事ができないためその間の生活をサポートするためのお金です。

金額は、受け取る人によって違います。
産休手当は、会社で加入している「健康保険」から支給される手当です。健康保険に加入しているかどうかが至急の基準で、契約社員やアルバイトなどの正社員以外の方も対象に当てはまります。

産前休業と産後休業の期間が対象の期間となります。産前休業は出産予定日を含んだ6週間が対象期間で、産後休業は出産の翌日から8週間が対象となっています。
しかし、この産前休業は労働基準法で定められている内容が女性側が休業を請求した場合に適応されるものになります。本人が働くつもりでいれば産前休業ではなく、働き続けることもできるのです。

知っているとお得な社会保険「産休手当」と「扶養」について

産休手当を貰える条件は、ふたつあります。

この条件を見逃していたためにいざというときに産休手当を受け取れないという可能性もあるので要注意ですよ!
条件のひとつめは「勤務先の企業の健康保険に加入している」こと、もうひとつが「出産のために仕事を休職した場合」です。つまり産休をとって会社から賃金を受け取らない場合に、その期間の生活をサポートする目的で支給されるのが「産休手当」なのです。

産休手当は、標準報酬月額によって金額がいくら受け取れるのかが決まります。

産休手当を受け取るまでの手続きが必ず必要で、勤務先への申請が必須です。また、申請の際に健康保険出産手当金支給申請書といった書類の記載と、医師の証明が必要になります。産休後にその書類を健康保険担当者に提出して、ようやく産休手当を受け取ることができるのです。

産休の時に社会保険と産休手当と扶養について

では、特にみなさまが気になっている産休手当と扶養の関係をご案内します。
会社を退職して出産する準備にはいったAさんは、その際に夫の扶養に入りました。この際は、産休手当を受け取ることができるのでしょうか。

先ほどご紹介した出産手当金を貰う条件を思い出してください。
産休手当は、会社で加入している「健康保険」から支給される手当です。健康保険の被保険者であることが条件です。さらに、12か月間社会保険料を納めている必要があります。

健康保険料を納めているのが本人名義でなければいけません。このAさんの場合には、退職後に夫の扶養になるのではなく国民健康保険に加入する必要があるのです。そもそも、扶養制度というのは生計の収入源が夫(被保険者)で、その被保険者に扶養されている人(妻や子供)が夫と同じ健康保険に一緒に加入する入れるのです。

本人が健康保険料を納めていないということになるので、この場合には受け取ることができません。

仕事しなくても出産手当金を受け取ったら扶養に入れないのか

出産をいいタイミングと考えて、今後は家庭に入り子育てや家事をがんばっていこうと考える女性も多いですよね。そんな時に、旦那の扶養保険に入ることができなかったらどうしたらいいのでしょうか。

もし、あなたが自分が勤めていたときに健康保険に加入していて、その加入していた健康保険を利用して出産手当金(産休手当)を受け取ろうと考えているのあればそこでいったん止まって考えてみたほうがいいでしょう。

年間収入が130万円に満たないもので、被保険者(夫)の収入の年間額の半分に収入が満たないものが健康保険の被扶養者として加入できるのです。
産休手当が130万円以上にならない場合にも年間で他の会社で働くなどの収入がある場合には注意が必要です。この場合は「年間収入が130万円に満たない」という条件からもれてしまうからです。

社会保険と産休手当、どうしたらいいのか迷ったら

もし、あなたが出産を転機として今後仕事を辞めて夫の被扶養者になるのであれば、産休手当の申請自体を行わないようにする必要があります。
もしくは、産休手当をどうしても受け取りたい場合には産休手当の受給条件を満たすことを目的としてその間は国民健康保険に加入するのがいいでしょう。

産休手当金の金額は、人によって違いますがだいたい日給の3分の2が1日に受け取れる金額です。
産休手当金はかなり大きい金額になることも多く、受け取れるか受け取れないかで今後の生活に支障がでてしまうかもしれません。

もし、悩まれる場合には一度あなたが健康保険に加入している会社の健康保険組合に確認をするのが最適ですよ。
知らなかったことで、せっかく受け取れる手当が減ってしまったり、受け取れなくなってしまう場合もあるので注意してくださいね!

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ