最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

   

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と育児ですが、会社に勤めている方は会社から「出産手当金(産休手当)」を貰える場合があります。

でも夫の社会保険の扶養に入っている場合には対象にあたるのでしょうか?そんな「出産手当金(産休手当)」に関するお役立ち情報をご紹介します。

知らないだけでいざという損をしないように、知っておきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

彼氏に質問やLINEを無視される。そんな時の男性心理とは

彼氏に質問やLINEを頻繁に無視されてしまう。

スポンサーリンク


知らないと損!社会保険と産休手当と扶養控除の関係

近年増えている働くお母さんですが、共働きの家庭のお母さんが出産をすることになり、産休を取る場合には受け取れる手当が「出産手当金(産休手当)」です。これは、産休中に仕事ができないためその間の生活をサポートするためのお金です。

金額は、受け取る人によって違います。
産休手当は、会社で加入している「健康保険」から支給される手当です。健康保険に加入しているかどうかが至急の基準で、契約社員やアルバイトなどの正社員以外の方も対象に当てはまります。

産前休業と産後休業の期間が対象の期間となります。産前休業は出産予定日を含んだ6週間が対象期間で、産後休業は出産の翌日から8週間が対象となっています。
しかし、この産前休業は労働基準法で定められている内容が女性側が休業を請求した場合に適応されるものになります。本人が働くつもりでいれば産前休業ではなく、働き続けることもできるのです。

知っているとお得な社会保険「産休手当」と「扶養」について

産休手当を貰える条件は、ふたつあります。

この条件を見逃していたためにいざというときに産休手当を受け取れないという可能性もあるので要注意ですよ!
条件のひとつめは「勤務先の企業の健康保険に加入している」こと、もうひとつが「出産のために仕事を休職した場合」です。つまり産休をとって会社から賃金を受け取らない場合に、その期間の生活をサポートする目的で支給されるのが「産休手当」なのです。

産休手当は、標準報酬月額によって金額がいくら受け取れるのかが決まります。

産休手当を受け取るまでの手続きが必ず必要で、勤務先への申請が必須です。また、申請の際に健康保険出産手当金支給申請書といった書類の記載と、医師の証明が必要になります。産休後にその書類を健康保険担当者に提出して、ようやく産休手当を受け取ることができるのです。

産休の時に社会保険と産休手当と扶養について

では、特にみなさまが気になっている産休手当と扶養の関係をご案内します。
会社を退職して出産する準備にはいったAさんは、その際に夫の扶養に入りました。この際は、産休手当を受け取ることができるのでしょうか。

先ほどご紹介した出産手当金を貰う条件を思い出してください。
産休手当は、会社で加入している「健康保険」から支給される手当です。健康保険の被保険者であることが条件です。さらに、12か月間社会保険料を納めている必要があります。

健康保険料を納めているのが本人名義でなければいけません。このAさんの場合には、退職後に夫の扶養になるのではなく国民健康保険に加入する必要があるのです。そもそも、扶養制度というのは生計の収入源が夫(被保険者)で、その被保険者に扶養されている人(妻や子供)が夫と同じ健康保険に一緒に加入する入れるのです。

本人が健康保険料を納めていないということになるので、この場合には受け取ることができません。

仕事しなくても出産手当金を受け取ったら扶養に入れないのか

出産をいいタイミングと考えて、今後は家庭に入り子育てや家事をがんばっていこうと考える女性も多いですよね。そんな時に、旦那の扶養保険に入ることができなかったらどうしたらいいのでしょうか。

もし、あなたが自分が勤めていたときに健康保険に加入していて、その加入していた健康保険を利用して出産手当金(産休手当)を受け取ろうと考えているのあればそこでいったん止まって考えてみたほうがいいでしょう。

年間収入が130万円に満たないもので、被保険者(夫)の収入の年間額の半分に収入が満たないものが健康保険の被扶養者として加入できるのです。
産休手当が130万円以上にならない場合にも年間で他の会社で働くなどの収入がある場合には注意が必要です。この場合は「年間収入が130万円に満たない」という条件からもれてしまうからです。

社会保険と産休手当、どうしたらいいのか迷ったら

もし、あなたが出産を転機として今後仕事を辞めて夫の被扶養者になるのであれば、産休手当の申請自体を行わないようにする必要があります。
もしくは、産休手当をどうしても受け取りたい場合には産休手当の受給条件を満たすことを目的としてその間は国民健康保険に加入するのがいいでしょう。

産休手当金の金額は、人によって違いますがだいたい日給の3分の2が1日に受け取れる金額です。
産休手当金はかなり大きい金額になることも多く、受け取れるか受け取れないかで今後の生活に支障がでてしまうかもしれません。

もし、悩まれる場合には一度あなたが健康保険に加入している会社の健康保険組合に確認をするのが最適ですよ。
知らなかったことで、せっかく受け取れる手当が減ってしまったり、受け取れなくなってしまう場合もあるので注意してくださいね!

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ