話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

2017.6.19

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレたくないものです。

しかし会社では社会保険に加入をしなければならないので、空白期間などがあれば詮索される恐れもあります。

また生活保護を受けていることで精神的に卑屈になってしまうことも考えられますし、できればバレずに社会保険に加入したいものです。

そこで生活保護中に仕事場での注意点や社会保険の問題について紹介します。


生活保護中に仕事場で社会保険申請をすればバレる可能性もある

生活保護を受けていれば仕事場で社会保険の手続きをする時に、バレてしまう可能性もあるので注意しましょう。

生活保護を受けていることは何も問題ないのですが、人によってはいろいろな考え方の人もいます。

自分が生活保護を受けていることに後ろめたさを感じている人もいれば、生活保護を受けている人のことを嫌っている人もいるかもしれません。

生活保護を受けるにはしっかりと審査を受けなければならないので、誰でも受けられる正当な制度となっています。

何も恥じることもないですし、生活を変えようとして仕事をしようと努力しているのです。

しかし自分が生活保護を受けていることは社会保険の手続きの時に詮索される可能性もあるので、バレることは覚悟しておいた方がいいかもしれません。

会社や担当者によって違ってきますが、いろいろ聞かれるようならば上手くごまかすことでバレない可能性もあります。

生活保護中は仕事場の社会保険を活用しなければならない

生活保護を受けている時に仕事をするなら、社会保険の手続きはしなければなりません。

これは個人的にも会社的にも社会保険には加入をしなければならないので、頭に入れておきましょう。

生活保護を受けている時にできるだけ手取りを増やそうと、社会保険に加入しないようにすることを考える人もいるかもしれません。

しかし生活保護を受けている時は加入できる保険があれば、入らなければいけないルールがあります。

もちろん会社でも社会保険に加入させなければいけないので手取りを増やすために、加入しない選択肢はありません。

生活保護を受けているのであれば、活用できる資産などがあれば利用しなければならない法律もあります。

そのため社会保険に加入できる状況であるのに、拒むことは生活保護法違反となってしまうことになります。

生活保護を受けている時は手取りを増やしたいとは思いますが、万が一のことがあった時の保険はとても心強く感じます。

生活保護中に仕事場での社会保険の申請は義務となる

生活保護を受けている時に仕事場で社会保険に加入できるのであれば、加入するのは義務となっています。

生活保護を受けている身では活用できるものがあれば積極的に利用しなければいけないので、社会保険を任意で拒むことはできません。

自分で社会保険を払おうと考えている人でも、会社のルールに従わなければいけません。

生活保護を受けている時は年金は手続きをすれば免除することができるので、仕事の状況によって免除をするのか支払うのかは相談しましょう。

仕事をするのであれば生活保護も少なくなったり廃止になるので、全ての手続きをし直さなければなりません。

年金も免除申請をしていたのであれば、新たに生活保護解除をしたことで全額納付への手続きをしなければ、未納扱いとなってしまうので注意しましょう。

働く人にとって社会保険を支払うことは当然となっているので、申請や手続きをし忘れないように注意しましょう。

生活保護がバレないように社会保険申請の時に上手くごまかす

生活保護を受けている人は仕事場ではバレたくないと思っているので、社会保険の申請の手続きの時も上手くごまかしましょう。

社会保険の手続きをする時は基本的にはバレないことが多いです。

個人情報を守ることが当たり前となっているので、誰が生活保護を受けているのか分からないようになっています。

しかし会社によっては国民健康保険の申請の時に、コピーを提出することもあります。

そこでの記録を見て未加入となっているのを発見されると、何かあったのか聞かれる可能性もあります。

国民皆保険なので未加入者は基本的にはダメなので、全員が何らかの保険に入っているはずです。

ただ生活保護を受けている時は保険証はもらえないので、なぜ保険証が無いのか詮索される恐れもあります。

勘が鋭い事務員ならば察しがつくかもしれませんが、未納期間が続いたので保険証がなかったなどとごまかしてやり過ごしましょう。

生活保護を受けていることはバレずに仕事をすることはできる

生活保護を受けていることは仕事場の人にはバレたくないものですが、社会保険の申請の時に詮索されてバレるかもしれません。

しかし個人情報に対して厳しい世間になってきたので、あまり深く詮索するような人はいないでしょう。

保険未加入の件などは上手くごまかしてやり過ごせば、それ以上詮索されることなくバレないで仕事を続けることができるはずです。

ここまで書いてきましたが、生活保護中の人が仕事をする時に気になるのが社会保険の申請です。

上手くごまかしてバレずに働きたいとは思っていても、例えバレても堂々としていれば何の問題もないことは頭に入れておきましょう。

最後まで読んでくれた方も、生活保護を受けている人の社会保険について知ることができたはずです。

生活保護を受ける人が大変な状況なのは察しがつきますが、社会保険はしっかりとした手続きや支払いはしなければなりません。

仕事場で上手く対処したことで状況が良い方向へ変わることを願っています。

 - 仕事