最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

   

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃したり。

行為者に罰を与えるべく告発したいのだが、それを証明出来る物的証拠がない。

しかし証拠が無いからと言って、泣き寝入りや見て見ぬ振りは絶対にしてはいけません。

被害を受けている人に勇気を出してもらえる、そんな役立つ方法をまとめましたので参考にして下さい。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク



会社内での虐め。証拠がない時はどうする?

社内で起きている虐めに対して、辞めてしまうと生活が出来なくなるということで何とか耐えている人がいます。

鬱病や精神的ストレスに悩み、本当に仕事が出来なくなる前に訴えを起こすことをおすすめします。

証拠が無い。とお悩みの方。
まずは毎日日記をつけましょう。会社から帰ったらその日の出来事をありのままに綴る。

そして言葉の暴力があると感じたら、ボイスレコーダーを用意してかばんやポケットに入れておくのが、物的証拠としては一番効力があると言えます。

もう一つ、自分の持ち物やデスクなどへ嫌がらせなどがあった時、その写真をしっかり撮り保存をしておきましょう。

この三つが充分な証拠として成り立ちます。
メールやSNSも最近では虐めの道具になっている場合もあります、それもスクリーンショットで保存をしましょう。

ほんの些細なものでも何が証拠になるかはわかりません。

会社での卑怯な虐め。証拠がないならば押さえよう!

虐めを放置しても、時間が解決することはありません。
嫌がらせや虐めをする人間は、ターゲットが居なくなると別のターゲットに。そうやって次から次へと変わっていくだけでなくなることはないのです。

なぜかというと、加害者は虐めや嫌がらせが日常の一環になっているからです。

職場というのは本来仕事をする場所なはずですよね。
人間関係のいざこざに巻き込まれるのは一番避けたいところです。

会社に相談をしてももし何も対処に動いてくれないようであれば、異動願を出したり退職を考えざるおえません。

そうなってしまった時にも、なにより証拠を集めておくことが大切なのです。

職場の環境を乱すような人物であれば、不満を持っている人があなたの他にもいるはずです。
ぜひ同僚にも相談をして協力をしてもらいましょう。

上司にも相談をして様子を見るようにお願いをするだけでも、今後の戦いに有利になってきます。

会社で虐めが。証拠がないからと強気な加害者に罰

加害者は自分に自信がない人間が多く、人を陥れることで自分を大きく見せようとしている子供です。
ストレスを人に当たることで発散したりと、人の気持ちを考えられないまま大人になってしまったかわいそうな人なのです。

こういった人は社外で友人と遊んだり、プライベートが充実していない人のことが多く、なにかをする時やどこかへ出かける時、社内の人間を誘い出していることが多いです。

今までの学生時代などに、人の気持ちを考えなくてはという場面に遭遇しなかったのでしょうか。と聞きたくなりますが、本当にそんな人がいるのですよね。

こんなわかりやすい加害者の場合、協力者を得ることが簡単にはなります。
周りにも被害者はいないのか、調査をしてみましょう。

職場の虐めを解決するのは、早期に越したことはありません。
悪いのは相手です、勇気をだして戦いましょう。

社内虐めに立ち向かう大作戦!

しつこく嫌味を言ってきたり、仕事に関係のない話で言いがかりをつけてきたり、明らかにみんなが嫌がる仕事を押し付けてきたり。
もしくはネットや社内の掲示板などで仲間外れにされたり悪口を書かれたりと、パワハラやモラハラまがいの虐めは多数存在します。

そうなった時に、まずは現状を正しく把握し、メモや日記に残します。
日付、その時の天気や勤務状況、その人の服装まで細かくメモを取ってくことで証拠としての信憑性が増します。

自分からの関わりは最小限に抑えて、こちらから何か原因を作っているわけではない、こちらには非がないという事実を作りましょう。

心で強気に反発することが、心の健康を守る手段です。
ストレスで精神的に参ってしまわないよう、そうなると相手の思う壺です。

虐めの被害者によくある症状は、朝起きると腹痛や吐き気がする、夜は眠れず不眠が続くなどの何気ない不調です。

こんな症状が現れたら、すぐに専門医師に相談をしましょう。

会社での虐め。耐えられなくなったら

上司や同僚に相談をし、協力体制ではあるがなかなか解決に向かわない。むしろ悪化した。

そんな時は転職、逃げてしまうことも時には大切です。

誰しもが、相手を負かしたくて戦いを望んでいるわけではありませんよね。
相手をどう叩きのめそうかと考えるわけではなく、もうすぐにでも離れたい。一生顔を見なければそれで良い。とお考えの方もいるのではないでしょうか。

そんな場合はすぐに退職をしましょう。

その時にもしも集めていた証拠があれば、すぐに辞めさせて下さいと堂々と申し出ることができますよ。

虐めがあるような会社にしがみついても良い未来は見えませんよね。
新しい環境を自ら切り開いていきましょう。

虐めに対し仕返しを、と考えている人も一度冷静になってその場から離れるという選択肢もあることを思い出してください。
以外と一番簡単な解決法がそこにはあるのかもしれません。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ