話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

生理痛の痛みを男性に理解してもらうための方法!

2017.8.18

生理痛と言えば、女性が抱える女性特有のよくあるお悩みですよね。

女性同士であればこの生理痛の痛みや辛さに関して分かりあえることが出来ますが、男性にはこの痛みはわかってもらえないというのが生理痛の厄介なところですよね。

もちろん男性には月経がありませんから、当然生理痛の痛みを体験したことがありません。

しかし、生理痛の痛みを誰でも経験し得るある痛み置き換えて説明すると、男性にも生理痛がどのような痛みなのかという事をわかってもらえるかもしれません!

今回は、生理痛の痛みを男性に理解してもらうための言い方や、逆に女性側が理解しておかなければならない事などについてご紹介します。

生理痛の痛みを、男性でもわかる片頭痛を使って表現しよう

では生理痛の痛みを男性にもわかってもらう為にはどのような言葉や表現を使って説明するのが良いのでしょうか?

その一つの例として、片頭痛と言うものが効果的です。

片頭痛の痛みや辛さというのはきっと男女関係なく誰もが経験したことがあるものだと思います。

この片頭痛を利用して、「片頭痛が下腹部にもある感じ」と説明すればその辛さを少しは分かってくれるかもしれません。

片頭痛の痛みって独特ですよね。頭に鉛を乗せられたような重い痛みだったり、ガンガンと何かで打たれているような痛みだったり。

そのような痛みが下腹部にあると言われれば、男性も何となく想像ができるのではないでしょうか?

一口に生理痛とだけ言われても、それがどんなものなのかは男性には全く想像の付かない事ですのでこのような身近な痛みで生理痛の痛みを表現すると効果的です。

男性がよく経験する二日酔いで、生理痛の痛みを訴える

男性に生理痛の痛みや辛さをわかってもらう為の表現としてもう一つ効果的なものがあります。

それは、二日酔いの辛さです。これもほとんどの人が経験したことのある辛さだと思います。

二日酔いの辛さと言えば、朝起きた時に全身が重くて怠く感じてしまう。それに加えてめまいを感じたり、気持ち悪くなったり、頭痛がしたり。

体調不調になってしまう事がほとんどですよね。

しかしこのような状況は女性の生理中の症状と似たようなところがあります。

生理痛の場合は、このような症状に加えて腹痛や腰痛があったりもしますよね?

ですので、男性に生理痛の痛みや辛さを説明するときには、「二日酔いの辛さに、腹痛や腰痛が加わったような感じ」と説明するのが良いでしょう。

二日用の辛さを知る人からすれば、「あの辛さに腹痛や腰痛も伴うともなれば相当辛いだろうな。」と察してくれるかもしれません。

生理痛の痛みに関する女性の当たり前は、男性には関係なし

女性はほぼ毎月のように月経を経験やそれに伴う痛みなどを経験するわけですから、男性よりも知識が富んでいるは当然の事です。

しかし、逆に月経を経験したことのない男性の感覚に触れることも出来ない女性たちは、そのように身に付けた月経に関する知識を当たり前のように考えてしまいがちです。

男性は、月経に関する情報は実際に経験した女性からの体験談からしか得ることができません。

もし仮に生理痛の痛みがさほどひどくなく、月経の最中であったとしても通常通りの生活ができるというタイプの人の体験談を先に聞いてしまったとすれば、男性の中で生理痛の痛みは大したことないという印象を持ってしまいます。

しかしこのような生理痛の痛みには個人差があったり、同じ人でも生理痛がひどい時もあれば、そうでもない時がある場合もあります。

これは女性からすれば当たり前の事ですが、男性にとっては当たり前ではなく、逆に知らなくて普通の事なのです。

ですので、女性は生理痛の痛みを理解してもらうために一生懸命に色んな表現を使って分かりやすく痛み説明をするのと共に、それには個人差があったり、時によって痛みの度合いが異なることもあるという事も説明しておくことが必要だと言えますね。

あまりにひどすぎる生理痛は、病気の可能性も?

さてここまで生理痛の痛みを男性に説明するときにどうすれば良いのかと言うことに関してご紹介してきましたが、実際にあなたの生理痛がひどすぎるという場合もあります。

男性に生理痛の痛みを説明したときに「それって大げさじゃない?」などという言葉をかけられてショックを受けたという経験のある女性もいるのではないでしょうか?

そのような事を言われたその時はショックの気持ちや、怒りの気持ちが先走ってしまうかもしれませんが、それは実際にあなたの生理痛の痛みがひどすぎるという可能性あるということも疑ってみて欲しいのです。

生理痛の痛みは人それぞれですし、痛みの度合いが同じ人でも月によって異なってくるのも事実ですが、あまりに痛みがひどいという場合は何らかの病気を疑った方が良いのです。

いつもはそこまでひどくないから、ここまで痛いのはきっと今回だけだろう…などといった考えでひどい痛みを我慢し続けていると、治る病気も見つけた時にはすでに手遅れで治すことが困難になってしまう場合もあります。

なにか違和感を感じたり、人よりも痛みがきついのかもしれないと感じた時には、一度病院を訪れてみることをお勧めします。

それによってなにかの病気に気付けるかもしれませんし、早めに病院にかかることで完治に繋がることもあります。

痛みは人それぞれだと言っても、時には他人の痛みと比較してみたり、症状について共有してみたりするのも大切です。

全てを理解してもらおうとするのは不可能だという事も理解して

女性にとって辛い問題である生理痛の痛み。しかしそれは女性特有の問題です。よって男性には経験しえない事ですので、すべてを理解してもらおうと望むことは不可能なのです。

特別な装置を使って疑似体験でもしてもらわない限りは、男性には女性特有の辛さはできません。

自分の理解できない、体験し得ない問題を当たり前の事の様に突きつけられても男性は困惑してしまいますし、そんな女性に対して嫌な感情を抱いていしまう可能性もあります。

少し厳しい事を言うようですが、男性に全てを理解してもらおうという考えはある意味間違っていると言えます。

自分の痛みや辛さをわかってほしい!という気持ちが先走って、実際に理解したいと思っても理解できない問題を突きつけられているという男性の気持ちも女性には理解できないので、そこで矛盾が生まれるからです。

また、もし自分が今回ご紹介したような誰もが経験し得る痛みを使って生理痛の痛みを男性に訴えたとしても、その男性自身に理解する気が無ければどれだけ一生懸命に話てもそれは意味をなしません。

このような女性特有の問題を異性と共有するためには、経験し得ない未知の問題を突きつけられている男性の気持ちを理解する女性側の姿勢と、経験し得ない問題でも理解してあげたいという男性側の姿勢。この両方が必要だと言えますね。

 - 雑学