最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

   

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足のサイズが変わったかもしれないと感じることがあります。

足は成長と共に大きくなるイメージですが、足のサイズが小さくなるのはちょっと不安に感じることもあります。

そこで今まで履いていた靴がブカブカになるなど、足のサイズが小さくなる原因について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

スポンサーリンク


足のサイズが小さくなる原因は普段から伸び縮みをしているから

足のサイズが小さくなる原因のひとつとして、普段から足のサイズは変化することがあるということです。

つまり足のサイズは成長したらずっとそのまま固定のサイズではなく、状況や体調の変化によって変わるということです。

足にはいくつもの骨と筋肉で形成されていますが、どの部位でも骨と骨との間が少しだけ伸び縮をしたり、筋肉の収縮によって全体の足のサイズに影響をします。

また足の裏にはアーチと呼ばれるカーブしている部分がありますが、このカーブ具体によっても足のサイズに大きな影響を与えます。

例えば足のサイズよりも少し大きめな靴を履いていれば、動いた時に少しずれたりすることでアーチ部分なども伸び縮しやすいです。

普段の生活習慣がずっと同じように伸び縮を繰り返していれば、足のサイズにも変化があって当然です。

その後適切な靴を履いたり運動をしなくなってくれば、伸びていたアーチが戻るので、足のサイズが小さくなることもあります。

足のサイズが小さくなる原因は正常な足のサイズに戻ったから

足首から下には28個もの骨が形成されているので、それを支える筋肉と共に伸び縮みをしながらサイズも変化をします。

アーチの部分が伸びればそれだけ足のサイズが大きくなりますが、ずっと運動をしている人はアーチが伸びやすいので、サイズが大きくなりやすいと言えます。

その後運動を辞めたりすることで、伸びていたアーチ部分が正常な長さになるので、適正な足のサイズに戻っていきます。

学生時代に運動をしていた人が、社会人になってから足のサイズが小さくなったと感じるのは、実際に足のサイズが元の大きさに戻ったということです。

足のサイズが小さくなる原因としては、今までアーチが伸びていたサイズが普通だと思っていたのが、実は正常ではなく伸びていた状態だったということです。

足を休めることによって伸びていたアーチ部分が元に戻り、正常な足の大きさに戻ることで縮んだと感じるのです。

痩せることが原因で足のサイズが小さくなることもある

足のサイズが小さくなる原因としては、痩せることで足のサイズが小さくなることもあります。

体重の変化がほとんどない人にとっては、あまり感じられないかもしれませんが、体重の増減が大きい人にとっては、痩せた時に足のサイズが小さくなったと感じることもあります。

原因はやせることで足回りについていた脂肪が落ちたことによって、少しだけ小さくなったと感じるのです。

足周りに感してはあまり脂肪がつきにくい部位でもありますが、足のサイズはほんの少しの違いでも靴が小さく感じられるようになります。

そのため太ったことで靴を大きめサイズにすることで、そのサイズが自分の適性サイズだと思ってしまいます。

ダイエットをすることによって体重が適正に戻った時には、足の余分なお肉も落ちてくるので、今まで履いていた靴が少し緩いと感じるようになるでしょう。

足は習慣や年齢と共に変形をしたり伸び縮みをするもの

足のサイズは習慣や年齢と共に変化をするので、ずっと固定ではないということです。

足のサイズが小さくなる原因としては、今まで自分の足のサイズだと思っていたのが大きい状態だったという可能性が高いです。

運動をしていれば足には相当な普段が掛かるので、アーチ部分が伸びたり筋肉がついて大きくなっていきます

運動をする時は少し大きめの靴を履かないと、足の先が痛くなってしまうので、少し大きめサイズの靴を履くことで足に余裕がでます。

この余裕がアーチが伸びる要因となるので、運動を続けているうちは伸びた状態が正常な状態だと思ってしまうのです。

これは習慣によって足のサイズが伸びていきますが、年齢と共に足が成長していくことも大きいです。

そのため若い時に比べてるといつの間にか足のサイズが小さくなったと感じるのは、本来の正常な足のサイズにいつの間にか戻ったと言うことです。

自分の足のサイズに合った靴を履くことが大切

足のサイズが小さくなる原因としては、加齢や習慣が足のサイズに影響を与えるようになります。

普段から少し大きめの靴を履く人は多いですが、自分のサイズに会っていなければ、タコやマメができてしまうこともあります。

靴のサイズが合っていないことで足に余裕が生まれて、アーチ部分が伸びてしまうことが大きくなる要因となります。

そのためアーチ部分が元に戻れば足が小さくなったと感じますが、初めから自分の足のサイズに合った靴を履くことで、足のサイズを一定に保つことができます。

また加齢による運動不足によっても足のサイズが大きくなったりするのは、足が歪んでいる証拠です。

足のサイズは数ミリ単位でも体に与える影響は大きく、すべての体重を支える部分なのでしっかりとケアしたい部位のひとつです。

足のサイズが小さくなるのは適正な足の大きさくなっているので、自分に合った靴を履いたり、インソールを入れて調整することもおすすめです。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ