話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

2017.9.14

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足のサイズが変わったかもしれないと感じることがあります。

足は成長と共に大きくなるイメージですが、足のサイズが小さくなるのはちょっと不安に感じることもあります。

そこで今まで履いていた靴がブカブカになるなど、足のサイズが小さくなる原因について紹介します。

足のサイズが小さくなる原因は普段から伸び縮みをしているから

足のサイズが小さくなる原因のひとつとして、普段から足のサイズは変化することがあるということです。

つまり足のサイズは成長したらずっとそのまま固定のサイズではなく、状況や体調の変化によって変わるということです。

足にはいくつもの骨と筋肉で形成されていますが、どの部位でも骨と骨との間が少しだけ伸び縮をしたり、筋肉の収縮によって全体の足のサイズに影響をします。

また足の裏にはアーチと呼ばれるカーブしている部分がありますが、このカーブ具体によっても足のサイズに大きな影響を与えます。

例えば足のサイズよりも少し大きめな靴を履いていれば、動いた時に少しずれたりすることでアーチ部分なども伸び縮しやすいです。

普段の生活習慣がずっと同じように伸び縮を繰り返していれば、足のサイズにも変化があって当然です。

その後適切な靴を履いたり運動をしなくなってくれば、伸びていたアーチが戻るので、足のサイズが小さくなることもあります。

足のサイズが小さくなる原因は正常な足のサイズに戻ったから

足首から下には28個もの骨が形成されているので、それを支える筋肉と共に伸び縮みをしながらサイズも変化をします。

アーチの部分が伸びればそれだけ足のサイズが大きくなりますが、ずっと運動をしている人はアーチが伸びやすいので、サイズが大きくなりやすいと言えます。

その後運動を辞めたりすることで、伸びていたアーチ部分が正常な長さになるので、適正な足のサイズに戻っていきます。

学生時代に運動をしていた人が、社会人になってから足のサイズが小さくなったと感じるのは、実際に足のサイズが元の大きさに戻ったということです。

足のサイズが小さくなる原因としては、今までアーチが伸びていたサイズが普通だと思っていたのが、実は正常ではなく伸びていた状態だったということです。

足を休めることによって伸びていたアーチ部分が元に戻り、正常な足の大きさに戻ることで縮んだと感じるのです。

痩せることが原因で足のサイズが小さくなることもある

足のサイズが小さくなる原因としては、痩せることで足のサイズが小さくなることもあります。

体重の変化がほとんどない人にとっては、あまり感じられないかもしれませんが、体重の増減が大きい人にとっては、痩せた時に足のサイズが小さくなったと感じることもあります。

原因はやせることで足回りについていた脂肪が落ちたことによって、少しだけ小さくなったと感じるのです。

足周りに感してはあまり脂肪がつきにくい部位でもありますが、足のサイズはほんの少しの違いでも靴が小さく感じられるようになります。

そのため太ったことで靴を大きめサイズにすることで、そのサイズが自分の適性サイズだと思ってしまいます。

ダイエットをすることによって体重が適正に戻った時には、足の余分なお肉も落ちてくるので、今まで履いていた靴が少し緩いと感じるようになるでしょう。

足は習慣や年齢と共に変形をしたり伸び縮みをするもの

足のサイズは習慣や年齢と共に変化をするので、ずっと固定ではないということです。

足のサイズが小さくなる原因としては、今まで自分の足のサイズだと思っていたのが大きい状態だったという可能性が高いです。

運動をしていれば足には相当な普段が掛かるので、アーチ部分が伸びたり筋肉がついて大きくなっていきます

運動をする時は少し大きめの靴を履かないと、足の先が痛くなってしまうので、少し大きめサイズの靴を履くことで足に余裕がでます。

この余裕がアーチが伸びる要因となるので、運動を続けているうちは伸びた状態が正常な状態だと思ってしまうのです。

これは習慣によって足のサイズが伸びていきますが、年齢と共に足が成長していくことも大きいです。

そのため若い時に比べてるといつの間にか足のサイズが小さくなったと感じるのは、本来の正常な足のサイズにいつの間にか戻ったと言うことです。

自分の足のサイズに合った靴を履くことが大切

足のサイズが小さくなる原因としては、加齢や習慣が足のサイズに影響を与えるようになります。

普段から少し大きめの靴を履く人は多いですが、自分のサイズに会っていなければ、タコやマメができてしまうこともあります。

靴のサイズが合っていないことで足に余裕が生まれて、アーチ部分が伸びてしまうことが大きくなる要因となります。

そのためアーチ部分が元に戻れば足が小さくなったと感じますが、初めから自分の足のサイズに合った靴を履くことで、足のサイズを一定に保つことができます。

また加齢による運動不足によっても足のサイズが大きくなったりするのは、足が歪んでいる証拠です。

足のサイズは数ミリ単位でも体に与える影響は大きく、すべての体重を支える部分なのでしっかりとケアしたい部位のひとつです。

足のサイズが小さくなるのは適正な足の大きさくなっているので、自分に合った靴を履いたり、インソールを入れて調整することもおすすめです。

 - 雑学