話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

2017.9.18

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと感じて、気持ち悪くなったり食欲がなくなったりすることもあるでしょう。

ちょっと調子が悪いだけならば少し安静にすればいいと思いますし、薬を飲んで様子を見ようと思います。

そこで胃が食べ物を受け付けない時に、自分でできる対処法について紹介します。

胃が食べ物を受け付けない時は無理に食べようとしない

体調が悪いと思って胃が食べ物を受け付けない時には、無理やり食べ物を食べないようにしましょう。

基本的体は自分の意に反していても、自分のことを守ろうと働きます。

食べ物を受け付けない時には食べ物を食べない方がいいですし、疲れた時には無理に動かないで休むことが大切です。

ずっと何も口にしていない時には無理にでも食べた方がいいと思ってしまいますが、確かに栄養を何も摂取しないのは体には良くありません。

しかし胃が食べ物を受け付けない時には、食べ物を食べても吐いてしまったり体調を崩す恐れがあります。

食べ物を見たり匂いを嗅いだだけで吐き気を催してしまうようならば、無理に食べないで安静にしていましょう。

それでも水を飲むことは大切ですし、ゼリーなどでもいいので食べられそうならば一口でもいいので食べましょう。

無理に食べるのではなく安静にすることが大切なので、様子を見ながら自分の体調をチェックしましょう。

胃が食べ物を受け付けないのは精神的なストレスが要因かも

胃が食べ物を受け付けない時の原因として考えられることは、ストレスが要因の可能性があります。

ストレスは誰もが受けているものですが、特に仕事中にストレスは体調を崩すくらい精神的にダメージがあることも多いです。

ストレスによって悩んだり考え込んでしまうと、食欲がなくなってしまい、さらに酷くなると胃が食べ物を受け付けない状態となることもあります。

元気がない時には誰でも食欲がなくなってしまいますが、恋愛で失恋した時もストレスによって食欲がなくなってしまいます。

ストレスが食欲不振の原因であるなら、しっかりとストレスの原因を探って対処することが大切です。

仕事中にはストレスをたくさん受けますが、職場環境、人間関係、仕事内容など、何が自分にとって大きなストレスなのかを考えることも大切です。

自分お悩みが解決すれば食欲も戻ってくるので、ストレスの原因について解決することを目指しましょう。

胃が食べ物を受け付けない時は食べられそうな物を口にする

胃が食べ物を受け付けない時にはまったく栄養を摂れていない状態なので、どんどんと体力も減ってしまいます。

エネルギーを補充しなければどんどん元気もなくなるので、ネガティブ思考になってしまい、余計ストレスが溜まって食欲もなくなっていきます。

元気がなくても食欲があれば大丈夫だと言われますが、食欲があることが元気な証拠なので、食べ物を受け付けない状態では体調が心配です。

少しでも栄養を補給しなければどんどんと体調も悪化していくので、少しでもいいので食べられる物を口にしましょう。

食べ物を見ただけで食欲がなくなってしまう状態でも、ヨーグルトやゼリーならば食べやすいです。

自分が食べられそうな物で構わないので、少しずつでもいいので食べて体調を良くする努力をしましょう。

胃が食べ物を受け付けない状態は精神的にも体力的にも辛い状況なので、安静にしてストレスが軽減できれば、徐々に食欲も回復していくはずです。

急に食べると胃に負担が掛かるので軽い食事を意識する

体調が悪い時には胃が食べ物を受け付けない時もありますが、何か食べなければ行けないと意識して食べようとするでしょう。

もしも少しでも食べられる状態であれば、栄養を摂りたいので食べたいところです。

しかし今まで胃が食べ物を受け付けなくてほとんど口にしていない状態であれば、いきなりたくさん食べると胃が余計受け付けなくなってしまいます。

胃が空っぽの状態が続いている時に、いきなりたくさん食べると胃に負担が掛かるので、できれば軽い食事を意識して食べるようにしましょう。

胃に優しい食べ物としておかゆなどがありますが、おかゆも炭水化物なのでエネルギーにしっかりと変わってくれます。

おかゆならば食べやすいですし胃にも優しいので、少し食べれるようならばおかゆはおすすめです。

胃が食べ物を受け付けない原因はストレスや風邪などの体調不良が考えられますが、いずれにしても栄養は摂取しなければいけないので、食べられそうな軽い食事を意識して摂取しましょう。

生活習慣を見直して栄養のある物を摂取する

ストレスや体調不良によって胃が食べ物を受け付けない状態となることもあるので、日頃の生活習慣を見直す良いきっかけとしましょう。

自分で調子が悪いと思った時には、規則正しい生活を心掛けることが大切です。

またできれば病院に行って診察をしてもらうことが大切ですが、根本的に生活習慣が乱れていると、体調も回復しにくくなります。

少しでも栄養価のある物を食べて体力を回復させるために、安静にしておくことがおすすめです。

徐々に食欲も回復してくるはずなので、軽い食事を少しずつ食べるようにしましょう。

一気に食べるといに負担が掛かるので、また胃が食べ物を受け付けない状態となる可能性もあります。

原因がはっきりと分かればいいのですが、ストレスや体調不良のどちらでも生活習慣を見直すことは良いことです。

規則正しい生活をして体と心に余裕のある生活が遅れれば、ストレスもなくなるので食欲も出てくるはずです。

診察する前に自分でもできることをやって、体調管理に気を配りましょう。

 - 健康・病気