最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

   

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに不満を持つようになる時もあります。

学校の先生が嫌いだと思うのは、校則で無理やり縛り付けようとしたり、気持ちを理解してくれないことが多いので嫌だと思うようになってしまいます。

大人になればルールの大切さを知ることができますが、高校生の時には理解できないことも多いので、先生のことが嫌いになった時の対応策について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


高校の先生が嫌いなのは精神的に追い詰めてくるから

高校の先生が嫌いな理由としては、精神的に追い詰めてくることでストレスを感じるから嫌いになることがあります。

高校生になると自分では大人だと思っていますが、実際には考え方はまだまだ子供な部分も多いです。

体は大人に近づいても心は子供に近いと、その場のノリや楽しいことを優先してしまい、ルールを無視してもなんとも思わなくなります。

先生とすれば高校生として自立した生徒を教育するために指導をしますが、言うことを聞かない生徒も多いのは事実です。

一部の先生だけかもしれませんが、高校生になるとちょっとした言葉のニュアンスによって、受け取り方が違ってきます。

そのため先生が何気なく言った言葉が精神的に追い詰めてしまうこともあるので、だんだんと先生のことが嫌いになってしまうのです。

高校生になると先生からは生意気に思えてくるので、言葉もきつくなることがあるため、知らぬ間に言葉によって傷つけてしまうこともあり、精神的に追い詰められてしまうのです。

先生が嫌いでも高校生活は謳歌できる楽しいことがたくさんある

高校の先生が嫌いになった時には学校に行きたくないと思うこともありますが、高校生活の中には他にもたくさん楽しいことがあります。

誰でも自分とは相性が良くなく嫌いになる人もいますが、たまたま先生が嫌いになっただけだと思うようにしましょう。

先生とは年齢差もありますし、相手は大人なので考え方が違うのは当然のことです。

自分たちは高校生で大人だと思っているかもしれませんが、世間的に見ればまだまだ幼稚ですし、自分が大人になった時に幼稚だったと気づくでしょう。

そんな高校生と真摯に向き合おうとする先生は大変ですし、何百人の中の一人の生徒に対して、嫌われたとしても気にしている暇はありません。

だからこそこちらが先生のことを嫌ったとしても、相手の先生も気にしていないことが多いので、気にせず他に楽しい事を見つけて高校生活を謳歌しましょう。

高校の先生が嫌いになったら自分も大人として客観視してみる

大人になってから高校時代のことを自分で思い出してみると、何で幼稚だったのかと思うことも多々あります。

高校時代には自分は大人だと思っていたのに、社会人に出るとまったく幼稚だったと気づかされることも多いでしょう。

そのため高校生の頃には自分が幼稚だとは思っていないので、大人ぶった態度や考え方をするようになります。

先生のことが嫌いになるのも一人の大人として真摯に向き合ってくれないと感じるので、先生に対して不信感を抱くようになったのかもしれません。

先生が嫌いだと思った時には本当に自分が正しいのか、客観的に見ることも大切です。

先生は教育者として生徒を正しい道に歩ませるように指導してくれるので、自分が間違った道に進んでいるのを正そうとしているのかもしれません。

ただ自分がその事に気づいていないだけなので、先生がうっとうしく思って嫌いだと思っている可能性もあります。

一度客観的に自分を見つめ直すために、大人として自分のことを見つめ直してみると、先生の気持ちを理解することができるかもしれません。

嫌いな先生が担任になっても接する機会は少ない

高校では嫌いな先生が自分の担任になったとしても、接する機会はそれほど多くないはずです。

高校になると授業単位で先生が変わるので、嫌いな先生と接する機会はそれほど多くありません。

もちろん授業中は嫌いな先生の話を聞かなければいけませんが、成績が悪くなれば自己責任となるので頑張るしかありません。

嫌いな先生が担任になるといろいろ進路相談をすることもありますし、他の先生と接する機会よりも多いのは確かです。

自分の将来のことを嫌いな先生に相談するのは嫌だと思うかもしれませんが、先生は仕事として真摯に対応してくれるので気にしていないはずです。

嫌いな理由は自分が先生に対して思い描いていることなので、自分の気持ちをいかに整理するかが重要です。

嫌いない人は誰でもいますが、我慢することはこれからも必要になるので、あからさまに自分が敵対心を見せるのではなく、無難に対応できるように意識して付き合いましょう。

先生のことは気にせず自分が打ち込めることを見つける

高校生活において自分が楽しめることや打ち込めるものがたくさんあるので、充実した高校生活を送ることができます。

その中で自分にとって不快に思うことがあっても、それ以上に楽しめることがあれば高校生活を謳歌することができるでしょう。

先生のことが嫌いだと思っても、友達と仲良く楽しい生活は送れますし、部活や勉強に打ち込むこともできます。

高校生活において好きな先生がいれば楽しい授業も受けられますが、嫌いに思う先生も当然いるはずです。

それでも高校生活を充実させるには、自分が楽しいと思いながら打ち込める何かを見つけてみましょう。

そうすれば嫌いな先生のことなど気にすることもないですし、自分のやりたいことに集中して取り組むことができます。

これから先も嫌いに思う人や自分と会わない人ができるはずなので、その時にイチイチ気にしていたらストレスが溜まるだけです。

嫌いな人とは適度に距離を置いて、気にしないように生活することを意識しましょう。

関連記事はこちら

 - 学校・勉強

ページ
上部へ