最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

   

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎに痛みを感じることはありませんか?足が痛かったり重く感じたりすると「疲れてるんだなぁ」としみじみ感じますよね。

しかしそのまま放っておいても痛くて眠れなかったり、翌日まで疲れを引きずってしまったり。そうならないためにはマッサージが効果的!自宅でも簡単にできる方法をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


ふくらはぎのマッサージは痛みを感じる程度がちょうどいい?

ふくらはぎが痛いといってもその程度はさまざま、ちょっと重く感じる程度であれば寝たら治りますが、歩くのも痛いほどになってしまうとマッサージがかかせません。そのまま寝てしまっても足が攣ったように痛かったり、足首がうまく動かせないような感覚になってしまったり。今日の疲れを明日へ持ち越さないためには、寝る前の数分が肝心です。

自分でふくらはぎをマッサージしようとしても、気持ちいいというより痛みを感じることもあります。ただでさえ疲れて痛いのに、自分で押したりほぐしてみたところで気持ち良くなければ続きませんよね。しかしその程よい痛みこそがぐっとツボに入っている証拠ともいえます。

ふくらはぎにはポンプの役割があるとよく言われますが、全身に血液を送るための第二の心臓の役割を担う場所です。日頃足は酷使してしまいがちですが、しっかり休ませることも必要なのです。

ふくらはぎの痛みをとる簡単マッサージ法

ふくらはぎが痛い時にぜひ実践したい解消方法をご紹介します。

足を高くして寝る

マッサージする元気なんてない・・・やったほうがいいとは思いつつ、それでももう動けないくらいに疲れて帰宅する日もありますよね。そんな日は寝るときに足を少し高くするように工夫してみるだけでも翌朝違いを実感します。

クッションでもいいですし、まるめた布団を足元に置いて寝づらくない適度な高さに調整してみてください。むくみ解消にも効果的です。

リンパに沿って老廃物を流す

足首をくるくると回した後、くるぶしをぎゅっとつまんでそのまま膝の裏側まで流すように押し上げます。ひざの裏に到達したら痛くない程度にぎゅっと押し込むだけでOK。目には見えませんが、リンパに沿って適度な刺激を与えながら流していくことで老廃物を身体から絞り出していくのです。

マッサージ用のクリームなどがあれば摩擦でかゆくなることもなく、感想も防げるのでおすすめです。

麺棒を使用する

どうせやるなら足全体をすっきりさせたい、手でマッサージするのは指が疲れる、そんな時は100円ショップなどで手に入る麺棒がおすすめです。

足首のあたりからひざの裏を通過し、足の付け根まで一気に流すことでふくらはぎと太ももの両方に効果が得られます。直接肌に当てることになるで、極力なめらかな手触りの麺棒を選ぶようにしましょう。

痛みがひどい時はお風呂でマッサージ!ふくらはぎもすっきり細見え

一日の疲れをとるには入浴が効果的です。特に寒い冬場では血行も悪くなりがちなので、しっかりと身体を温めてから眠ることで疲れもとりやすくなります。

暖かい部屋でも自分の冷たい手でマッサージするのはなかなか抵抗があるはず。じんわり指の先まで温まったのを確認してから、ゆっくりとマッサージしてみてください。

またふくらはぎの痛みは疲れだけでなく、アルコールを摂取すると感じるようになることもあります。そういった痛みにも温浴効果はありますが、アルコール摂取後の入浴は危険なので翌日以降にやってみることをおすすめします。

時間がない時は足に直接張るシートも効果的です。メーカーによって冷却効果のあるもの、保温効果のあるものなど種類は数多く誕生しています。時期によって使い分けてみるのもいいですね。

ひんやり気持ち良かったり、ぽかぽかと温かみを感じられることで安眠効果も期待できます。

痛みがひどくなる前に適度なストレッチをしよう

長時間の立ち仕事だったり、反対にデスクワークだったり、長い時間同じ体制を続けてるとふくらはぎの痛みを強く感じる原因にもなります。痛くなってからマッサージを頑張るのではなく、痛くなる前の対策も肝心です。

ふくらはぎのストレッチ

思い切りつま先を下に向けたまま数秒キープ、その後思い切りそらせてキープ、これを気づいたときにこまめに繰り返すようにしてみましょう。一日が終わると窮屈だったパンプスやズボンも、やるのとやらないのとでは全く違います。

もちろん手でリンパに沿って流すようなマッサージも効果的ですが、仕事中となるとあまり派手な動きはできません。デスクの下に足裏マッサージの板を置いてみたり、ゆっくりとかかとの上げ下げをしながら立ってみたり、ふくらはぎに意識を置いてみてください。

休憩時間に歩く

トイレに行くのも一階上に行ってみたり、いつものコンビニよりもひとつ先の店舗まで歩いてみたり、いつもよりちょっと歩くことを意識してみてください。

エスカレーターやエレベータよりも階段を、タクシーやバスも少しだけ歩いてから乗ってみたり。あまり仕事で動き回らない人は積極的に歩く習慣をつける必要があります。

痛いまま放っておくとどうなる?ふくらはぎのむくみは女性の敵!

面倒臭さに負けてむくみや痛みを放置することは、女性にとって将来の自分の首を絞めることになります。疲れの溜まった足は寝起きに比べると、一体どのような状態になっているでしょうか。なんだか肌の血色は悪く、本当に自分の足?と疑いたくなるほど太くなっていたりしますよね。「どうせ放っといても寝ればだいたい戻るし」そう思いがちですが、知らぬ間に少しずつ蓄積されてしまうのです。

むくみがやがてそのまま普通の足の太さになってしまうとのいうのは有名な話です。どの程度の速さでそうなってしまうかは個人差がありますが、むくみを放置しておいて良いことはなにもありません。

たとえ自分でむくみを自覚していなくても、朝と夜とでは足の太さは変わります。「今日は大丈夫そう」と思わず、マッサージやストレッチは日ごろの習慣に取り入れることが疲れ知らずの足となる近道です。

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ