最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

非定型うつ病・新型うつの原因や症状、対策や治療法などのまとめ

      2017/03/24

非定型うつ病・新型うつの原因や症状、対策や治療法などのまとめ

典型的なうつ病の症状にはさまざまな症状がありますが、ある程度は一定のものでした。

しかし最近ではうつ病も変化し、典型的な症状に当てはまらない症状の、非定型うつ病という患者も増えているといいます。

この新型うつ病とも言われる非定型うつ病についての情報をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

スポンサーリンク


非定型うつ病・新型うつ病とは?

一般的に知られているうつ病といえば、「眠れない」「食欲がない」「何をしても楽しくない」「朝は調子が悪く夕方にかけて少し良くなる」「自分に価値がない」と考える定型うつ(典型的なうつ)でした。

ところが最近では、定型うつに当てはまらない「非定型うつ」と呼ばれる症状が増えているといいます。

定型うつは中年以降の男性が多いのに対し、非定型うつは、20〜30代の女性に多くみられるといいます。

症状としては、これまで「神経病性うつ病」などと呼ばれていました。

良いことや楽しいことがあると一時的に元気になるものの、また憂鬱な気分へと戻るといった症状が挙げられます。

また、過食気味になり体重が増加したり、長時間の睡眠をとっているにもかかわらず眠気が取れないなど、一般的に知られていたうつ病とは真逆の症状であり、世間的な認知度も低いことから、周りからも単なる「わがままな性格」としてみなされ、放置されることが多いため、発見が遅れることも少なくありません。

また、病院へ行っても医師があまり知らなかったりすると、治療がうまくできずに症状を長引かせたり悪化させたりすることもあるようです。

非定型うつ病・新型うつ病の症状

非定型うつの症状としてはどのようなものがあるのでしょう。

1.良いことや楽しいことがあると気分が明るくなる

一般的なうつ病では、これまで興味を持ってやってきたことでさえ気分が乗らず落ち込んだままの「抑うつ状態」であるのに対して、非定型うつの場合、自身の興味を持てることや好きなことに対して、一時的にでもテンションが上がったりします。

これを「気分反応性」があるといい、周囲から「甘えている」「ワガママである」と捉えられます。

2.夕方にかけて調子が悪くなる

一般的なうつ病は朝方に抑うつの症状が強く出て、午後から回復傾向に向かいますが、非定型うつ病は夕方から夜にかけて不安感やイライラが強くなり、気分が悪くなります。

3.過食傾向

一般的なうつ病は食欲低下とともに体重が減少するのに対し、非定型うつ病は過食気味になり体重の増加がみられます。

酷い場合は、過食症のような症状になり、食べては吐くといった行為を繰り返すこともあります。

4.過眠傾向

一般的なうつ病は夜眠れなくなったり、何度も起きてしまったりと睡眠時間が少なくなることも特徴的です。

しかし、非定型うつ病は夜長時間寝ていても日中も眠くなり、1日のうち10時間以上寝てしまう、ということがしばしばみられます。

5.対人関係が過敏になる

他人から拒絶されたり、批判されたりすると、過剰に反応して落ち込んだり怒ったりする傾向があります。

また、拒絶や批判を恐れるあまり、対人関係をうまく築けず日常生活に支障が出たりする場合があります。

非定型うつ病・新型うつ病の特徴

非定型うつの症状は周囲からどのように判別すればよいのでしょうか。

下記にいくつかポイントを挙げましょう。

1.責任ある仕事や役回りに付きたがらない

非定型うつ病になりやすい人は元より、他人から良く見られたい、みっともない姿をさらしたくない、という傾向が強いため、責任があるポジションに就くことを拒みます。

2.問題があるとよく他人のせいにする

非定型うつ病の人は、他の人ならなんとも思わないことでさえストレスに感じることが多く、自分ではどうにもできないほどにストレスがかかると、他者のせいにして軽減させようとします。

また、病気になった原因を自分ではなく家族や会社など周囲のせいにすることがみられます。

3.気分の波が大きい

普段は抑うつ状態が続いていますが、楽しいことや興味のあることがあると、一時的に気分があがります。

甘えととられられがちですが、本人の中でも気分の抑制ができていないのです。

4.多くは過食や過眠になる

吐くまで食べたり、昼夜合わせて10時間以上の睡眠をとるなども特徴的です。

非定型うつ病に見られる発症前の特徴的な性格

では、非定型うつ病になりやすい人はどのような人なのでしょう。

子どものころから、学校や家庭で大人の言うことをよく聞く「いい子」タイプであり、成績優秀かつ高学歴であることが多いのでプライドも高いのです。

完璧主義であることも多く、そういった意味では責任感が強いとも言えます。

その反面、他者に向けて自己主張や要求をすることが苦手である場合が多く、自分に自信を持てません。

また、人から嫌われることを極端に恐れるあまり、自分の意見を隠して他者に合わせてしまうので、周りの人からはやさしい人だと思われています。

そのような性格であるがゆえ、職場での評価も高いのですが、他者から指摘されたり、失敗をすると周囲からの評価が下がったのではないかと必要以上に思い悩み、気分がひどく落ち込みます。

このような性格を持ったまま社会人になり、上司から注意を受けたりすると、それがストレスとなって積み重なり、非定型うつ病の発症へとつながっていくのです。

非定型うつ病・新型うつ病の原因

どうして新型うつ病が発症してしまうのでしょうか。

そこには、ストレスや性格、神経伝達物質の働き、家庭環境などが原因となっています。

日常生活において、適度なストレスはなくてはならないものですが、同じストレスでも人によっては受け取り方が違います。

ストレスに弱い人が過度のストレスを抱えることによって発症する可能性が高くなるのです。

また、新型うつ病には性格が大きく関わってきます。

その一つが「対人緊張」と呼ばれるもので、他者からの評価を過度に気にします。

それがストレスとなり、積み重なっていきます。

さらに他の精神障害を併発する場合も多く、最も多いのが「パニック発作」、次に多いのが「社会不安障害」です。

他者から嫌われることを常に恐れ、また失敗への恐怖から悪い方向へと考えがちになります。

性格を構成するうえで大事な家庭環境も大きな要因です。

幼いころに適切な愛情を受けず、虐待されていたなどの経験を持つことで、アダルトチルドレンといった精神障害がある人にも多く見られます。

うつ病と脳内のメカニズムは深く繋がっています。

構造的には、脳内の伝達物質であるセロトニンのバランスが異常になることによって、発症すると考えられています。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ