話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

年金を払ってないことによる老後の心配ポイントを解説!

2017.10.22

年金を払ってないことで老後の生活も心配になりますが、今の生活が厳しいので支払うのが難しい人もいるでしょう。

しかし年金には支払い義務がありますし、しっかりと支払うことによって老後外にもメリットを受けることがえきるので、しっかりと年金は払いたいものです。

そこで年金を払ってないことによる老後の心配について紹介します。

年金を払ってないことで老後は生活費の心配が大きくなる

年金を払ってないことによる老後の心配は、年金を払っている世帯よりも大きなものになります。

老後の心配は誰しもありますが、年金を払っていても安心できることはありません。

そのため老後も働き続けなければいけない人も多いですが、年金wのもらうことができれば、少しは生活が楽になります。

国民年金に関しては満額で約6万円ほどの収入になりますが、確かに年金だけでは生活することは難しいでしょう。

しかし年金があるのとないのとでは生活にも大きな差が出てくるので、しっかりと払っておくべきです。

年金は自分のために掛けるものですが、今の世代の年配の人たちに影響することでもあります。

自分にとって年金は何十年後のことですが、今の生活が厳しいので払うことを躊躇してしまうことも理解できます。

しかし年金がないとより老後の生活が心配になるので、支払い義務がある年金はしっかりと払いましょう。

老後は年金を払ってないと貯蓄を崩すしかなくなる

老後の生活の糧となるのが貯蓄ですが、年金を払ってないことによって貯蓄がすべての生活の柱となります。

老後は働きたくても働けない現状があるので、収入がないことが大きな不安材料となります。

そのため年金からの収入がないと貯金だけに頼らなければいけないので、かなり厳しい生活となるでしょう。

年金があれば足りない分を貯金から切り崩すことができますが、まったくの無収入になると貯金だよりになってしまいます。

老後の生活でも年に300万円かかるとすれば、20年で6600万円の貯金を使うことになります。

現役世代の時にそれだけの貯金ができていればいいのですが、多くの人はそこまでの余裕はないでしょう。

しかも老後に長生きすればするほどお金の心配は増えていくので、年金を払っていないことによるリスクな大きなものとなってしまいます。

年金を払ってないと老後までのデメリットが多い

年金を払ってないことによるリスクは老後だけでなく、今の世代でも大きなリスクとなります。

障害基礎年金や遺族基礎年金は突然の病気や怪我に対して、ある程度の金額を受給することができます。

障害基礎年金は突然の障害に対して補助してもらえる制度なので、いつ誰が病気になるか分からないことにも対処することができます。

遺族年金は加入者が死亡した時に子供がいると支給されるので、万が一の時には助かる制度です。

これらの年金を受給するにはしっかりと支払いを続けていることが条件となるので、万が一の時に未納だと後で後悔することになります。

年金はどうせもらえないと思っている人に限って長生きしたり、老後になって焦ってしまうことも多いので、しっかりと年金の支払い義務を守って払うことが大切です。

労働だけでなく現役世代にも年金は必要となるものなので、しっかりと支払いをすることが大切です。

年金に否定的でも老後になればメリットは多い

年金の支払いに対して否定的な人も多いですが、実際に自分が老後になった時に助かる制度なので、しっかりと支払い義務を果たすことが大切です。

自分が年金を払ってももらいえなとい頭があるので、払ってない人も多いかもしれません。

しかし老後になってから年金の収入がなければ自分の貯金だけで生活するか、もしくは働き続けなければなりません。

年金に否定的な人は払った分よりももらう金額が少ないと思っているので、払うよりも自分で貯金をした方がいいと思っています。

しかし実際に老後になればいつまで生きるか分かりませんし、貯金が減っていくだけで怖くて普通の生活をするのもストレスとなります。

年金を払うことによって老後は安心することはできないかもしれませんが、少しは生活の足しになることができるので、払わないよりも精神的に楽になるメリットは大きいです。

老後の心配をする前に今の生活の心配をしてしまう人が多い

若い世代にとって老後の生活の心配をする人は少ないですが、老後になってから後悔しても遅いことは多いです。

年金を払ってないことを後悔しても、支払期限もあるので若いうちからしっかりと払っておくことが大切です。

年金の支払いに関しては若い世代は無駄なお金と思っていますし、多くの人が恩恵を受けることができるのは40年後以上先になります。

自分には先の話過ぎてあまり実感が沸かない人も多いですが、年金は老後が近づくにつれて重要な収入源となります。

今の生活が大変なので年金を払うことができない人もいますが、今と将来のためにも年金は何とか払わなければなりませんし、支払い義務があるので払うべきです。

自分が老後になって後悔しないためにも、今のうちからしっかりと年金の支払いをしておくことは大切ですし、もっと年金について自分で調べてみることも必要です。

 - 生活・ライフハック