最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

抗糖化対策にはさつまいも!?糖化の原因や対策を知ってアンチエイジングを

      2017/03/01

抗糖化対策にはさつまいも!?糖化の原因や対策を知ってアンチエイジングを

健康に大敵である糖化作用ですが、この糖化作用を抑えてくれる食べ物のひとつである「さつまいも」

いつまでも健康でいたいなら、さつまいもの抗糖化作用をアンチエイジングに役立てましょう。

さつまいもの抗糖化作用についての情報をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

生理痛の痛みを男性に理解してもらうための方法!

生理痛と言えば、女性が抱える女性特有のよくあるお悩みですよね...

バイト先の社員が怖い!楽しくバイトを続けるための方法

バイトをする時に社員との確執があることもありますが、社員が怖...

2人目を妊娠中! ブログは子育てママ達の強い味方となる

2人目を妊娠中で、出産までの過程をブログにあげている子育て中...

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

スポンサーリンク


体の糖化とはどういうこと?

生き物が生存していく中で必要なエネルギー源を“糖”、体を動かすのに使う筋肉や骨などを“たんぱく質”といいます。

“糖化”というのは“糖”と“たんぱく質”が一緒になって、“最終糖化生成物(AGEs)”と呼ばれる物質ができることをいいます。

このAGEsは1度生成されてしまうと、分解されることはなくて体内に溜まり続けてしまいます。

そして、血流で溜まってしまうと糖尿病や動脈硬化、骨で溜まってしまうと骨粗鬆症、他には体調不良や高血圧、などの色々な病気の原因になってしまう可能性を高めてしまいます。

このAGEsが肌に溜まると美肌の素になるコラーゲンを固めてしまうので、弾力がなくて、たるんでしまった肌になってしまいます。

そのうえ、肌は乾燥してしまいキメが荒くなるのでメイクもいまいちのらなくなってしまいます。

そして、AGEsは褐色なので、肌は黄色くくすんでしまい、透明感が無くなってしまいます。

このようにAGEsは肌にとっても体にとっても、悪影響を及ぼします。

糖化するとどんな影響があるの?

糖化というのは血液の中にずっと長期間、糖分が残ってしまったことによって、たんぱく質(コラーゲンやエラスチン)が糖化(グリケーション)してしまい、性質が変化して、硬いうえに脆くなってしまいAGEs(Advanced Glycation Endroucts)と呼ばれる、最終糖化産物に変化してしまうことです。

変化した最終糖化産物は、血管病変を引き起こす原因になるうえに、私たち人間の体を徐々にですが老化を加速させてしまいます。

そのうえ、なんと1度生成されてしまうと、取り除いたりすることは難しいというとても面倒臭くて、邪魔なものなのです。

糖尿病を患っている患者さんが発症してしまう合併症の中で、腎臓病や失明や四肢の神経障害などは、この最終糖化産物が原因となって発症してしまうのです。

糖尿病の方以外にも、健康にいつも気を付けて健康のために色々行っている人たちや、美を意識して大切にして、いつも美のために色々なことを心がけている人たちにとっても、糖化というのはとても邪魔で憎い存在になりますよね。

あなたは大丈夫?お肌でわかる糖化度チェック!

現在のお肌の状態を確認するだけで、自分自身の糖化度がどれくらい進んでしまっているのか分かります。

ぜひ、下記の内容よく読んでチェックしてみてください。

当てはまる数が多い人ほど、糖化は進行しているということになります。

美容の天敵である糖化がこれ以上、進行してしまわないように、たくさん当てはまるような人は、出来るだけ早めに対策をしましょう!

  • お肌がどんよりとくすんでいるうえに、透明感が無くなってきている 
  • 顔全体にピンとしたハリがなく、弾力も無くなっているような感じがする
  • ホホ周辺やアゴがたるんできている 
  • 目じりにシワが増え、ほうれい線も目立ってきている
  • シミの数が増えてきている 
  • 口角がぐっと下がってきている
  • クチビルが乾燥してしまいカサカサとしている
  • 肌の表面にある角質が厚めになってきている感じがする
  • 肌が荒れてきて気になってしまう
  • 肌のキメが粗くなっている

いかがでしたでしょうか?

当てはまる数が少ない人はこれからもそれをキープしましょう。

糖化する原因は?

糖化の公式はこのようになります。

(体内の古くなったたんぱく質+食事などから摂取した余計な糖分=老化物質AGEs)

体内のたんぱく質は古くなると分解されて、新しいたんぱく質へと変化します。

このサイクルを食事や間食などから摂り入れた余計な糖分が邪魔してしまいます。

古いたんぱく質が分解されるより先に、結びついてしまうのです。

このことをメイラード反応(糖化)といいます。

主となる原因は、糖質を余計に摂り過ぎることです。

そのため、肌の糖化は血糖値が高めの人にたくさん表れます。

なので、糖質の高い食事をしている人は注意してください。

そして、血糖値が急上昇するような食事は糖化の原因になると言われています。

お腹が空いた時や疲労している時に甘いものをしょっちゅう食べていると、糖化を招いてしまう可能性があるので気を付けてください。

紫外線を数分程度浴びただけでも糖化は進行しますし、飲酒やたばこを過度に摂り過ぎる、睡眠不足はAGEsを溜めてしまいます。

下記のような人は糖化が原因の黄ぐすみになりやすいので、注意してください。

  • 糖分たっぷりの甘いものを好む
  • 空腹時や連れた時に甘いものをすぐ食べる
  • 夏しか日焼け止めを塗らない
  • お酒を大量に飲む
  • たばこを吸う
  • 睡眠不足が多い

体内の糖化を防ぐには?

糖化とは徐々に進行する老化現象でもあるので、いつものちょっとしたことが糖化を防ぎます。

糖化がこれ以上進行しないように、下記の6つのことを参考にしてみてください。

1.血糖値の上昇を緩やかにする食事

血糖値を急激に上げないようなバランスの良い食事にしましょう。

中でも、白砂糖がたっぷり入っているような菓子パンは、血糖値を急激に上げてしまうので、注意しましょう。

料理の時は白砂糖を黒砂糖に変更してみてください。

血糖上昇の早さは食品ごとのGI値によって判断できます。

米や麦などは精白していないものの方が食物繊維などを多く含み、GI値が低いです。

このGI値に注目しましょう。

2.食べる時の順番を変更する

糖質の吸収を穏やかにするために、食物繊維が入っている野菜や海藻を先に食べて、その後に血糖値を上げる炭水化物を食べます。

それだけで、血糖値が急激に上がるのを抑えることができます。

3.抗糖化作用のある食品摂取

カモミールティー、甜茶、ドクダミ、グァバなどは抗糖化作用があると言われています。

毎日、継続して摂取することにより効果を発揮します。

サプリメントから摂取しても良いでしょう。

4.1日3回食事をする

食事の間隔が空き、空腹の時間が長くなってから食事をすると、血糖値が急激に上がってしまいます。

少量でも良いので1日3食、食べるようにしましょう。

5.適量の有酸素運動をする

有酸素運動を行うことにより、体内に溜めこまれた糖を減らすことが可能です。

ウォーキングなどおすすめです。

しかし、時間が無いという人は、いつもエレベーターを使うところを階段にしたり、近所なら車や自転車を使わずに歩いてみたりと、通常の行動の中で歩くことを増やしましょう。

そして、老化物質のAGEsを溜めないためには、しっかりと睡眠をとることです。

6.糖化予防としてスキンケアを行う

肌の細胞を傷つける紫外線はAGEsを生成しやすくしてしまいます。

日焼け止めを塗るなどして、紫外線から肌を守りましょう。

スキンケアの品は、ビタミンA・ビタミンE・が含まれている物を選びましょう。

これらは糖化を防ぐと言われるコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す手助けをします。

そして、いつものお手入れに軽くマッサージすることも追加してください。

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ