話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

ウィルス性の急性咽喉頭炎に注意!症状や原因、予防法などのまとめ

2014.11.25

ウィルスや細菌の感染などで起こってしまう急性咽喉頭炎

時には発熱なども伴うこの病気に関する予防法や治療法などの情報をまとめました。

急性咽喉頭炎とは?

一度は耳にしたことがある急性咽喉頭炎。

子供から大人まで誰でもなりうる病気です。

急性咽喉頭炎はウイルスや細菌炎症から起こるのどの炎症が原因です。

初めはのどに違和感がでる程度にしか感じません。

のどが少し赤い、咳、タンなど軽い風邪の症状によく似ています。

これは急性咽喉頭炎の初期の段階です。

そして症状が重度になるの連れて、強いのどの痛み、発熱へと変わっていきます。

症状が悪化するにつれて口蓋扁桃に膿が付着したりのど全体が真っ赤になっていくのです。

更に重症化すると、扁桃やその組織周辺に膿が溜まり口が開かなくなってしまったり、全く嚥下が出来なくなったりととても厄介な症状になってしまいます。

またそれに伴い気管の入口である咽頭蓋がはれ上がると呼吸が出来にくなってしまいます。

場合によっては窒息することもある急性喉頭蓋炎という大変恐ろしい病気もありますので、急性咽喉頭炎の症状を理解し早期の治療が必要なのです。

理解しよう!急性咽喉頭炎の症状について

急性咽喉頭炎の具体的な症状ですが、初期はのどに痛みを感じます。

特に食事の時など、物を飲み込むときに痛みや違和感を感じる方が多いです。

37〜39度の熱が出てタンが絡まり咳が出ます。

また話している際に咳が止まらないといった症状が出ることも。

体がなんとなくだるい、きついといった感覚や頭痛、首のリンパが腫れるといった風邪によく似て症状が特徴です。

そしてここで気を付けていただきたいのがインフルエンザと区別です。

インフルエンザは集団感染し、高熱に伴い咳や鼻水など強い関節痛や全身の倦怠感が特徴です。

とてもよく似ています。

自己判断せずに必ず病院で医師の診察を受けて下さい。

急性咽喉頭炎はいわゆる「のど」の炎症です。

風邪の症状とよく似ており、急性期には咽頭痛やのどの掻痒感、声がれ、刺激発作性の咳、痰などの深刻な症状も。

重症化すると急性喉頭蓋炎等を合併し窒息のおそれもあるので注意が必要です。

また慢性化すると咳が続いたり、喉の違和感がすっと治らないといった事例も多くあります。

知っておこう!急性咽喉頭炎の治療方法について

急性咽喉頭炎の治療方法についてですが、まず第一にゆっくりと休息をとること。

安静にしてうがい、水分摂取をこまめにすることです。

そして乾燥は菌の増殖を助長させますのでお部屋の湿度の管理も大事。

乾燥には気をつけましょう。

次に急性喉頭炎に移行、もしくは他の病気と合併していないかを確認するため必ず医師の診察を受ける事です。

薬は急性咽頭炎になってる場合は二次感染としての細菌感染が関係するので抗生物質や鎮痛解熱剤投与します。

また耳鼻科などで処方してもらう薬をのどに直接に塗布する治療法があります。

家では、うがいが第一です。

口腔内を清潔に保つためうがいも大事な治療法の一つなのです。

のどの痛みで食物や水分摂取できない時は点滴などが効果的。

安静にし、抗生剤や鎮痛剤の処方が一般的です。

このような正しい治療をすればおおよそ1週間かうらいで症状は緩和され、治癒していきます。

日頃の生活習慣が大事。急性咽喉頭炎の予防法について

毎日の生活において湿度の管理はしていますか?

乾燥した空気はウィルスや細菌を増殖させ、急性咽喉頭炎だけでなく風邪やインフルエンザなどの感染に適した環境を作ってしまいます。

乾燥しやすい特に冬の時期はお部屋に加湿器を置いたりとしっかりお部屋の状態を把握し、適度な湿度を保つことが大事です。

一定の時間で窓を開け、空気の入れ替えも効果的な予防になります。

また外から帰った時や食事の前には手洗い、うがいを必ず行ってください。

毎日の習慣として手洗い、うがいを徹底しましょう。

些細なことですがこういった毎日の習慣が病気の予防につながっていくのです。

また喉の状態が悪く、荒れた状態ですとウィルスや細菌に付着しやすく感染しやすくなってしまいます。

喉の状態を良くするためにも刺激の強い食べ物もなるべく控えましょう。

タバコものどに大きな負担をかけてしまいますので、控えた方が良いです。

症状が重くなる前に!薬での予防も効果的です

ちょっとした喉の痛みや、違和感を感じたら早期の治療が大事です。

軽い症状だからと放っておいてはいけません。

自己判断はせずに必ず治療しましょう。

放置しておくと確実にひどくなり、重症化するケースも多くみられます。

症状が重くなる前に医師の診断を受ける事も忘れずに。

まず自身でできる予防策として、のどから風邪やインフルエンザのウィルスや細菌を侵入させないためにも、違和感を感じたらすぐにうがい薬でうがいをしましょう。

市販のうがい薬でも十分効果があります。

喉を乾燥させないためにも、のど飴やトローチをなめるなども効果的です。

早めの対処を心がけ、症状が重症化しないようにまずは行動することは大事です。

また喉の殺菌・消毒にはスプレータイプの薬も効果的。

喉がおかしいなと感じたら早期の対処が大事です。

スプレータイプなら携帯できますのでいつでも違和感を感じたらサッとケアできます。

 - 健康・病気